いつまで経っても他人行儀

2006.02.22 → トリノ
すっかり言い忘れておりましたが、わたくし現在、冬の祭典でありますトリノオリンピックに選手として参加致しておりますので、当ブログの更新が斯様に滞っておりますのも、まったく頷けるし納得も出来る訳ですが、こちらトリノで知り合い友情を育みました、イタリアのフク・ザツ・コッセツ選手に、先程「お前、ブログの更新はちゃんとしろよ!」的なことを語気荒く言われましたので、選手村にあるパソコンを使って頑張って更新していきたいと思います。

ところで、僕は全くイタリア語が理解出来ませんので、彼とは念話で意思の疎通を図りますが、言語を越えてコミュニケーションが図れるというのは、同時に彼の尋常じゃない体臭に関しまして、僕の悪意がだだ漏れだということでもあります。今までそれが原因で3回ほど大喧嘩しまして、昨日の喧嘩に至っては、僕のビンタの仕方が悪かったのか、彼は遂に寝たきりに……でも、彼ったら「寝て過ごせるなんて最高じゃん」みたいなことを念話で言ってましたので、幸せの形は人それぞれ、僕はどうにか罪の意識に囚われずに済みました。

さて、僕がオリンピックに出場することとなりましたのは「甘辛アベニュー」という、極めてマイナーな競技です。どれほどのマイナー具合かと申しますと、その競技人口は世界でたったの38人(内、1人寝たきり)でありまして、選手名鑑などは街頭で無料で配ってるんじゃねえの? というくらいのペラッペラの薄さですし、年一回発刊されております「年刊 甘辛アベニュー」は購買層が極端に限られているため、一冊三万円もします(造りは普通の雑誌で、ページの大半はテレクラの広告が占めます)

このようなマイナー具合ですので、恐らく皆様「甘辛アベニュー」がいったいどのような競技であるのか、どのような歴史があるのか、また日本勢(僕です)がどれほどの力を持っているのかなど、知らないことだらけだと思いますので、本日は丁度良い機会ですので、ここで詳しく解説していきたいと思います。興味がない、あるいはフィクションがお嫌いな方は、どうぞブラウザの戻るボタンを押してください。

「甘辛アベニュー」はスイスが発祥の地だとされています。
その起源に関しましては諸説ありまして「娼婦が暇を潰す為に始めた」ですとか「もともと人体のDNAに遊び方が組み込まれていた」「宇宙人が遊び方を教えてくれた」「未来人がタイムマシンを使って未来から持ち込んだ」などと様々に紛糾している訳ですが、現在も正確なところは解っておりません。
ちなみに、つい最近まで主流となっておりました「globeのKEIKOが暇にかまけて考え出した」という説ですが、十二世紀の文献に競技の姿を見ることが出来ることから、時系列的におかしいのではないか? と現在では疑問の声が多く上がっております。最も新しいところでは「globeのKEIKOがタイムマシンを使って過去に持ち込んだ」という説が御座いますが、これは未だ仮説の段階ですので、詳しい検証が待たれるところです。

十二世紀頃に始まったとされる「甘辛アベニュー」は十七世紀末のヨーロッパ大陸でその最盛期を迎えます。一時期は二億人ほど居たと言われる競技人口ですが、競技を行なうと実に八割の人が死ぬ、あるいは膝を擦り剥くという危険性から、各国で次々に禁止令が発布されます。それでもその楽しさからか、死ぬというリスク、逮捕されるというリスクを犯してなお、当時は闇で競技を行なうものが後を経たなかったそうです。
現在ではルールが改正され、死ぬようなリスクも殆どなくなり、禁止令も解除されておりますが、競技人口はすっかり激減し、上記でも述べましたように世界で38人に。スポーツにも「絶滅」という概念が適用されるならば、「甘辛アベニュー」はまさに現在、絶滅の危機に瀕しているといえるのです。

それでは次に「甘辛アベニュー」のルールを簡単に箇条書きで説明したいと思います。

――――――――――――――――――――――――――

・「甘辛アベニュー」は基本的に一対一で行なう競技です。

・競技者は乳首の部分に穴の開いたウェットスーツに身を包み、腰にポシェットを着用すると、お互い向かい合う形で雪上に寝転がります。

・審判の掛け声と共に、ポシェットから二枚の御札を取り出します。

・この御札はカイロの原理を応用したもので、裏面が暖かくなるように出来ています。

・この御札を、剥き出しになっております相手の両乳首に張り合っていきます。

・最終的に、相手の両乳首を御札で先に隠した方の勝利です。

――――――――――――――――――――――――――

以上が基本的なルールとなる訳ですが「甘辛アベニュー」は奥の深いスポーツです。単純に、相手の乳首に速く御札を貼れば良いというものではありません。必ず、以下に述べます罰則を破らないようにしなければなりません。

――――――――――――――――――――――――――

1、対戦相手に不快感を抱かせてはいけない。

(余り速く御札を貼ったり、強い力で御札を貼ったりしますと、対戦相手が「俺の乳首はそんなに薄汚いのか?」とムッとしてしまいます。相手がムッとしてしまいますと、貼った御札は無効となり、審判が強めの舌打ちをします)

2、ポシェットには御札以外のものを入れてはいけない。

(万が一、御札以外のものが入っておりますと、全て没収され、審判にヤフーオークションで売られます)

3、対戦相手の御両親には事前に挨拶を。

(いくら闘うべき相手だとはいえ、礼節を欠かしてはいけません。御両親には事前に必ず挨拶をし、出来れば対戦相手の子供時代のエピソードのひとつふたつ聞きましょう。失礼でなければ、御両親の家にしばらく泊り込むのも良いでしょう。挨拶を欠かした場合、失格になる上、後日、審判が金をせびりに来ます)

4、タイムアウトは二回まで。

(雪に触れている体の部分が凍傷を起こすことが良くありますが、余り頻繁にタイムアウトを取られると、時間が押してしまい、審判が楽しみにしている夕方のアニメ番組が始まってしまいますので、タイムアウトは二回までです)

5、試合中はお互い褒めあう。

(二人はゲイなんじゃねえの? と観客に思わせるくらいに、試合中は相手を褒めあいましょう。途中、相手を褒めることが出来なくなった場合、即座に失格となりますので、相手の見た目や性格を褒めることが出来なくなれば、両親を褒めたり、前世を褒めたり、あるいは審判を褒めたりすると良いでしょう。ただし、余り見当違いな褒め方をすると、審判の心象が悪くなり、後日あなたの家にイタズラ電話が頻繁に掛かってくるようになります)

―――――――――――――――――――――――――

以上の罰則が加わることにより「甘辛アベニュー」は「雪上の法廷ゲーム」と呼ばれるほど、心理戦の様相を呈してきます。
相手の機嫌をみながら、どのタイミングで相手に御札を貼るかを見極める――
相手が機嫌を良くする褒め言葉を、御両親から聞き出したエピソードから導き出し、事前に考え、尚且つ試合の最中で的確に探し出す――
相手が自分の長所を見つだせなくなるまで待つ――
あるいは、相手が凍死するのを待つ、という戦法も――(過去、この戦法が主流だった為、死者が大量に出ました)

確かにマイナーな競技ではありますが「甘辛アベニュー」はフィギュアスケートやハーフパイプなどといった、花形とされるスポーツに、その面白さ、奥深さで、決してひけを取るものではありません。
現在、「甘辛アベニュー」の日本代表であります僕はベスト4に進出しております。
今回のトリノオリンピックでは、期待されていた日本人選手が、アクシデントや環境の変化などにより、充分な力を発揮出来ず、2月22日現在、未だメダルをひとつも取ることが出来ておりませんが、僕は充分にメダルを狙える圏内に居ます。恐らく、日本のメディアでは「甘辛アベニュー」について全く触れられていないだろうと思われますが、当ブログを御覧の皆様におかれましては、なるほどそんな競技もあるんだなと、どうぞ心の片隅ででも結構ですので「頑張れ甘辛アベニュー日本勢!」と応援して戴ければ幸いに存じます。

それでは、今からわたくしメダルをかけた戦いに臨んで参ります、凍死も辞さない覚悟で、必ずやメダルを日本に持ち帰ってみせます、などという一文を最後に書こうと思ったのですが、なんだか急激に眠くなってきましたし、特にこれといって落ちも思いつかないので、これで終わります。ちなみに「甘辛アベニュー」は月亭八方や竜雷太などが出ていた関西ローカルの料理屋を紹介するテレビ番組で、今はもう放映は終わってます。ではおやすみなさーい。
スポンサーサイト
(03:55) その他 / トラックバック(0) / コメント(7) /
2006.02.07 → Mr,ムーのアシスタント募集
御存知の通り、当ブログは天才マジシャンMr,ムーの公式サイトですので、そもそもの主旨は彼の活動を逐一報告することなわけですが、開設以来八ヶ月近くが経過し、ふと気がついてみますと、書いているのは僕の日記ばかりで、「これは幾等なんでもマズイんじゃないか……」と僕は真剣な表情で、己の乳輪の大きさを嘆きました。その大きさは、ちょうど地球から見た月ほどの大きさで、更に述べますと、月の満ち欠けに同調するように形が変化します。ですから、乳輪の形を見るだけで、本日は下弦の月であるなとか、上弦の月であるなとか、そういうことが屋内にいながらにして手に取るように解りますので、その風流な様に、なんだか思わず一句詠みたくなってしまいました。

――シャーマンが オイルまみれで エビを食う。

さて、僕の乳輪話と同じくらいにどうでも良い事柄として、Mr,ムーの存在が挙げられる訳ですが、上記でも述べましたように、一応当ブログはMr,ムーの公式サイトですので、たまには彼についての情報を公開しなければなりません。
そのような思考、すなわち怠惰な義務感から書かせて戴きますが、つい先日、Mr,ムーのアシスタントである千恵美さん(57歳、趣味は聞かなくなったCDを折ること)が、ドリカムのCDを真っ二つに折ったところ、うっかり全身を複雑骨折してしまったそうです。

そのため、天才マジシャンMr,ムーは、急遽代わりとなるアシスタントを求めておられるそうで、本日は当ブログを御覧の皆様の中で、現在求職中の方を対象に「Mr,ムーのアシスタント募集」をかけたいと思う次第です。
以下に、Mr,ムーから伝え聞きました条件・待遇を書かせて戴きますので、アシスタントとして働きたい! という方がおられましたら当ブログまで御一報下さい。どうぞお待ちしております。

(Mr,ムーって誰? という方はこちらを御覧下さい。簡単に申しますと、フィクションです)


――――――――Mr,ムーの求人広告――――――――

[応募条件]

22歳~37歳まで。性別は問いませんが、おちんちんのある方はご遠慮下さい。


[時給]

二百円~千二百円(おひねり次第です)


[応募資格]

・マジックに興味がある方。

・体のラインがくっきり出る衣服が好きな方。

・大御所マジシャンにコネクションがある方。

・甘噛みさせてくれる方(※あくまでマジック上の演出です)

・舞台上でMr,ムーがマジックに失敗しても、舌打ちしない方。

・でも「ビンタしても良いですか?」などの事柄をたまに言ってくれる方。

・リアルに結婚してくれる方(※Mr,ムーはバツイチですが、その分婿養子などにも臨機応変に対応します。ご相談下さい)

・暇な休日は一日チャットに付き合ってくれて、出来れば会話の語尾に(藁)とか付けない方(※最悪、付けて戴いても構いません)


[待遇]

・面白マジックが身につきます。

・たまに美味しい鳩肉が食べれます。

・Mr,ムーのサインがいっぱい貰えます。

・Mr,ムーの髪の毛とか爪の甘皮とかが貰えます。

・Mr,ミーとかそんな感じの芸名が名乗れてしまいます。

・テレビ放映分を録画しているため、ジブリ系のビデオが見放題です!


[スタッフよりメッセージ]

どうもこんにちは、Mr,ムーです。
私のアシスタント業務ですが、これはマジック業界の中では非常に楽な部類であると、こう自負しておりますし、実際年に2回……あるいは3回……いや、まあ2回かな……? ほどしかマジック公演を行なっておりませんので、仕事の片手間ですとか、主婦業の合間ですとか、そういう感じで結構ですので、どうぞ応募の方宜しくお願いします。

職場のPRポイントですが、第一にとても働き易い職場です――これはもう私とのマンツーマンだから確実にそう言いきれます。
また、職場の人間関係は非常に円滑で、仕事終わりには良く仲間内で飲みに行ったりしております――これはもう、現在一人で働いております私が言うのですから間違い御座いません。
それと……仕事場に恋愛を求めている方(笑) 実は、このアシスタント業務はその面でも最高の職場だと言えるんですよ! 
――これはもう、恋愛の相手となります私が言うんだから間違いありません。

先ずはお気軽に御応募下さい。お待ちしておりまーす。

―――――――――――――――――――――――――

以上、死ぬほどどうでも良い情報でした。おしまい。
(04:19) その他 / トラックバック(0) / コメント(4) /
2006.02.03 → 飛び出せ! 体内!
インドアが余りにも過ぎると、体内のミトコンドリアが「好い加減にしろ!」と一声叫び、体を突き破って外に出てくるらしいよ――などという恐ろしい噂を聞きましたので、重度のインドアである僕は震え上がり「どちらかと言えばまだ死にたくない!」と独白しまして、つい先日、名古屋へと日帰り旅行に行って参りました。

とは申しましても、生来の出不精であり遊びベタな僕ですから、旅行のプランが「味噌カツを食う」という、ただそれだけ。本当にまったくそれだけでありまして、その余りの漠然とした未来予想図に「戦後六十年が経過した昨今、ゴテゴテとした豪華な物よりもシンプルがカッコ良い、みたいな風潮は確かに存在するけれど、それは余りにシンプル過ぎだろ!」などと叫びながら、体中の臓器という臓器が僕の体外へ飛び出そうとも、まったくおかしくありませんし、実際飛び出しました(僕のブラックジョークが)

そのようなシンプルプランで名古屋へと出向いた訳ですが、僕が驚愕しましたのがその移動時間でありまして、テレビゲームの「桃鉄」ですと大阪←→名古屋間というのは、ものの2ターン程で辿り着けてしまう訳ですから、ゲーム中の1ターンを1時間と置き換えまして(これは僕に出来る最大限の譲歩です)恐らく2時間もあれば余裕で到着するだろうと考えておりましたが……3時間を経過しようとも、まったく到着する気配を見せません。

なるほど、確かにテレビゲームの中でいくら億単位の金銭を得ようとも、現実世界ではサイフに入っている金額が三千円である、ということを考えますと、これは仕方のないことなのかもしれません。
しかし、いくら僕が一人遊びの名人で「指の指紋でする迷路遊び」などというアヴァンギャルドな時間の潰し方を実践しようとも、さすがに3時間も過ぎてしまいますと、一緒に行ってた友人と楽しい会話を繰り広げるしかやることが……(ちなみにこの方は三重県出身で、名古屋が死ぬほど嫌いです)

「このまま、永遠に名古屋へと辿り付くことが出来ないんじゃないか……」とそのように思い始めた、出発から3時間半もの後、ようやく僕は名古屋へ到着しました。

―――――――――――――――――――――――――

[お詫び]

これはまったく想像だにしなかった事態なのですが、不思議なことに名古屋での思い出というものが「味噌カツを食った」以外に無く(これが本当にまったく無いのです!)ここから先の出来事を描いた「名古屋珍道中編」を書くことがどうしても出来ませんでした。
ここまで読まれた方々には大変申し訳御座いませんが、「名古屋編」はこれで終了ということにさせて戴きます。ご愛読どうもありがとう御座いました。

――――――――――――――――――――――――――

[追記]

以上を書き上げたところ、「君とはもうやっとれんわ!」と脳味噌が僕の体外へ飛び出しました。どうもありがとう御座いました。
(18:25) 日記 / トラックバック(0) / コメント(7) /
HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm