いつまで経っても他人行儀

--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2007.01.18 → 実録! ストーカー被害!
半年程前から、薄々そうなのではないかな? と感じてはいましたが、どうやらわたくし現在ストーキング被害を受けているようでして、ここ最近は毎日毎日見えざるストーカーの影に怯えながら、休日を一日ダラダラ過ごしたり、寝ながらパイの実をムシャムシャ食ったり、下っ腹の柔らかいお肉を両手でモミモミしたり、モミモミしながら「待てよ……? この脂肪がグラム一千万円で売れたら、一生働かずに済むのでは……?」などと虚ろな表情で呟いてみたりと、非常に切迫した日々を過ごしておる次第です。

さて、僕がストーカーである彼女(あるいは彼)の存在に気が付きましたのは、何を隠そう歯磨きを行なっている時でありまして、聞くところによりますと、普通、人は一日に三度、朝・昼・夜と歯を磨くものだそうですが、しかし僕は一日に一度、眠りに就く前に磨くか、あるいは磨きません。
この告白は、皆様方に僕の息が臭いことを告知するようなものであり、将来的にカリスマブロガーだかになって、アフェリエイトだかで唾液を五万円くらいで売って、一生生計を立てていこうと考えている僕にとっては、大変な痛手を伴うものであるといえますが、しかしストーカーの存在を立証する為には致し方ありません。僕は歯を一日に一度磨くか、あるいは磨かないのです。

にも関わらず、どういう訳かこの半年程、僕が歯を磨こうとすると、ほぼ必ずと言って良い程、僕の歯ブラシはぐっしょりと濡れそぼっておりまして、なるほど、通常人のように、僕が一日に三度歯を磨く側の人間であったとしますならば、これは何ら不思議なことではありません。朝・昼・夜という短いスパンで歯磨きが繰り返されますならば、歯ブラシには朝に、昼に、付着した水分が、夜にも蒸発することなく残存しておりますことでしょう。しかし、僕のように一日に一度しか歯ブラシを使用しない場合においては、その理は全く通用しません。24時間前の水分が蒸発もせずに、歯ブラシに付着しておるなどというのは、まったく不可解なことなのです。

起こりえない筈のことが起こった時、そこには必ず何らかの原因が存在します。不思議だ不思議だと、ただ騒ぐのは簡単で楽なことではありますが、しかしそれだけでは事態は何ら好転致しません。僕は無知蒙昧なる殻を脱ぎ捨て、全力を持ってこの歯ブラシびちょびちょ現象の原因を推理致しました。
その結果、これはひょっとしてストーカーの彼女(彼)が僕の歯ブラシを勝手にペロペロペロペロやってるからなんじゃねえの? という結論に達したのです。

無論言うまでもなく、この他にも、これは水子の霊の祟りなんじゃねえの? ですとか(オバケとか存在したら怖すぎるので却下)この歯ブラシには水のエレメントが宿ってるんじゃねえの? ですとか(ベルセルク読者なのがバレるので却下)様々な仮説が構築された訳でして、ストーカー説は決して脊髄反射的に成立したものでは御座いません。あらゆる側面から検証した結果、僕にはストーカーが存在し、そしてそのストーカーによって、僕の歯ブラシはびっちょりと濡らされているという結論に至ったのです。

そういえば……と翌々思い返してみますと、近頃、僕の使用しております、三年ほど前にユニクロで購入致しました、ダルダルに伸びきった、下着の意味でのパンツが、次々と消失するという怪奇現象も発生しておりましたが、これも全てストーカーである彼女(彼)による仕業であると考えれば合点が行きます。彼女(彼)は僕の歯ブラシをペロペロペロペロするだけでは飽き足らず、遂には僕の下着にも手を伸ばし始めたのです。

人間の欲望とは尽きることがありません。このままですと、わたくしはストーカーである彼女(彼)から、もっと深刻な被害を受ける可能性が御座います。歯ブラシ、パンツと来たら、次は何でありましょうか? これ以上、セクシャルな要求となりますと、これはもう僕の体――それ以外には考えられないのであります。

さすがに戦慄を覚えました僕は、この後、直ぐに警察へと駆け込み、ストーカー被害を訴え、そして何とか彼女(彼)を捕まえて戴き「こんなことは辞めろ!」と、「僕と付き合いたいなら先ずはメル友から始めろ!」と、とそう訴えかけ、いつも通りの平穏無事な生活を取り戻そうと、こう考えておる次第ですが、それに先立ちまして先程、念の為に家族にストーカーに心当たりはないか尋ねましたところ、父親がこの半年ほど間違って僕の歯ブラシを使用し続けていたことが判明し、続いてパンツの方はその余りのダルダルさに母親が次々とゴミ箱へ捨てていたことが発覚しましたので、僕はシニカルに笑うと「そういえば僕の顔面はストーカーされる側っつうか、する側だったわー」と呟き、ゆっくりと心を閉ざしました。以後、僕の笑顔を見た人間はいないといいます。
スポンサーサイト
(00:35) 日記 / トラックバック(0) / コメント(3) /
2007.01.13 → 毎年恒例! Mr,ムーの超魔術!
こんにちは。
昨年の十二月から当ブログの更新を放置しまくりまして、どうも申し訳御座いませんでした!
昨年の十二月、噂の新型ゲーム機、任天堂のwiiを購入し「ゼルダの伝説」を熱心にプレイしておりましたところ、プライベートな時間がドンドンと消費されていき、パソコンを触る時間が殆ど取れなかったことが、その放置の理由として挙げられる訳で御座いますが、しかしわたくしは男の子で御座います。
ここは言い訳などせず、甘んじて皆様方からの「コラッ! 幾らゼルダの伝説が面白すぎたからって、一ヶ月は放置し過ぎだぞ! んもぅ! 乳首が鼻みたいな形になれ!」というようなお叱りの文言を受けようと思っておる所存ですので、どうぞメールフォームなどを有効に活用して戴くよう、お願い申し上げます。

ちなみに、開設以来メールフォームを介して届いたメールはスパムメールのみで、リアル世界でのあけおめメールはここ三年ゼロ。僕の携帯に番号が登録されてる奴は全員鼻が乳首みたいな形になれば良いのに。

さて、本日は年に一度から三度の頻度で登場します、当ブログの根幹を成します存在、マスコットキャラクターであり、僕の義父でもある、天才マジシャンMr,ムーのマジックショーでも御覧下さい。
興味がない人は痰でも絡ませてて。

―――――――――――――――――――――――――――

【Mr,ムーとは】

昭和が生んだ悲劇の天才マジシャン。
幼少の頃より「ママレモンだけでどんな食器も綺麗に洗い上げるマジック」などのマジックを操り、神童の名を欲しいままにした。
戦後直ぐにデビュー。一時は大変な人気を博し「マジック界のグレープフルーツジュース」などと呼ばれたが、デビュー三年目に爪の甘皮の部分からプルトニウムを出すマジックを考案して逮捕される。
その後、長らく表舞台からは姿を消していたが、平成八年に岐阜のローカル番組に出演し、通風なのにウニを大量に食べるという趣旨のマジックを披露し、人気を博す。
以来、Mr,ムーは年に数回の公演を精力的にこなしている。
女性とお金がどんな物よりも大好きな69歳。

――――――――――――――――――――――――

「恒例! Mr,ムーの新春年明けマジック」


白装束を身に纏い、軽快なタップダンスを披露しながら、舞台上に颯爽と現れたMr,ムー。
その表情はこの世の全てを呪うかのように憎しみに満ち溢れ、頭には「雑穀主義」と書かれたハチマキによって、火の灯された蝋燭が二本留められています。
「お集まり戴きました、どいつもこいつも世界で一番美味しい食べ物はハンバーグだと思っていそうな皆様に、本日はとびっきりの手品を披露致しましょう!」
そういうと、Mr,ムーは今までダルそうに披露していたタップダンスを中止し、おもむろに前屈みになりますと、上目遣いに客席を睨みつけ「ブヒブヒ」と呟いてみせます。

その姿は何と! 驚くことに、今年の干支であります猪――【亥】を表現しているかのようです。しかし、ただそれだけではありません! 白装束に頭の蝋燭は、同時に【丑の刻参り】をも彷彿とさせるようではありませんか!
これぞ、Mr,ムーの新作マジック! 「今年の干支が【亥】だか【丑】だか解らなくなるマジック」であります。
いきなり客の心を鷲掴みにし、掻き乱すその技量は、さすが芸暦四十年だか五十年だかであるといえましょう。

さて、客の八割が帰ったところで、いよいよMr,ムーのマジックショーが本格的に始まります。
前屈みの姿勢を維持したまま、先ずMr,ムーが懐から取り出したのは……トランプです!
Mr,ムーといえば、首の辺りがいつも湿っている印象はあるけれど、トランプマジックの印象だけは無いわ……とそんな風に思われがちですが、実のところ、彼にとってトランプマジックは十八番中の十八番。今後、女性と会話する機会があるならば、トランプマジックを披露して首の辺りを湿らしてやるぞよ、とそう思っている彼にとって、トランプマジックなどは最早、意識的に首の辺りだけ鳥肌を立てることと同じくらいに容易なことなのです。

そんな訳で、Mr,ムーは慣れた手付きでトランプをシャッフルすると、客席の最前列に居た、六十歳代の全裸のおっさんに、一枚カードを引かせます。
驚くなかれ、Mr,ムーは透視マジックでその引かれたカードを当てて見せるというのです。
そんな不思議なことが……!?
皆の不安げな表情の中、全裸のおっさんによって引かれたカードは――スペードの9。
まさか、本当に見もせずにこのカードを当てることが出来るというのでしょうか!?

ところで、Mr,ムーの頭に点っている二本の蝋燭からは、先程からボタボタと熱々の雫が垂れ落ち、カードを引いている全裸のおっさんの顔や身体に大量にかかっておりますが、しかしおっさんはMr,ムーのマジックに集中しているのか、そんなことには全くお構いなし。それどころか、「なんだか気持ち良い……」と呟くほどです。
蝋燭の熱さに気付かせないほど舞台上に集中させるとは、Mr,ムーのマジック力、恐るべしといったところでありましょうか。
そんなこんなで、Mr,ムーは更に前屈みになりますと、おっさんの顔や身体に更に蝋燭をボタボタとぶっかけながら、
「……ハートの2……?」
と恐る恐るといった様子で呟きます。
しかし、嗚呼! 答えはスペードの9……!
何てことだ! まさか、これはMr,ムー始めてのマジック失敗なのでありましょうか!?

いや――違います。Mr,ムーがマジックを失敗する筈がありません。
御覧下さい! 客席の全裸のおっさんの身体に落ちた蝋燭は、いつの間にかひとつの図形になっており、それは見方によっては――そう、スペードのように見えるではありませんか!
しかも、おっさんに好きな数字を聞いて見ますと「う~ん……9かな……?」という答えが!
恐るべし! Mr,ムー! ランダムに選ばれた筈のカードの数字は、既に予言されていたのだった!
この展開には、目の肥えた観客も流石に度肝を抜かれ、割れんばかりの拍手を送ります。

さあ、休む間もなく、Mr,ムーのマジックショーはどんどん続いていきます。
次にMr,ムーが取り出したのは、六本の蝋燭です。
頭には既に蝋燭が二本突き刺さっているのに、これ以上蝋燭を増やして、一体どうしようというのか!?
そんな観客の困惑をよそに、Mr,ムーは蝋燭に次々火を点けると――何と! 先程の観客のおっさんに向かって、おもむろに勢い良く熱々の雫を垂らし始めた! これには流石の観客も度肝を抜かれた! 一体何をしているんだMr,ムー! 先程は誤って垂らした感じだったから良かったものの、これほど明確な意思を持って熱々の雫を垂らしたら、さすがのおっさんも怒り出してしまうぞ! 怒られてしまったら、しょんぼりしてしまって、これ以上はマジックを続けられなくなってしまう! 危うし、Mr,ムー! 一体、この危機的状況を、どのようにして乗り切るつもりなのか!? マジックで、このおっさんの皮膚の感覚を奪うとでもいうのか!? それとも、おっさんに怒られても、しょんぼりしない鋼の心を獲得するとでもいうのか!?
ああ、しかし、駄目だ! 全裸のおっさんは、遂に腹に据えかねた様子で口を開いた! 
マジックショーはこのまま御破算になってしまうのか!?

「こ、コラー! 好い加減にしろ! ……けど、めっちゃ気持ち良い……」

――そう呟いたのは、何と! 
それは、Mr,ムーです! 舞台上でマジックを演じていた筈の、Mr,ムー、その人です! 
驚愕の展開! 何と客席で蝋燭をぶっかけられていたおっさんは、Mr,ムーだった! いつの間にか、Mr,ムーが観客席に居た!
何てことだ! 信じられない! では、舞台上に居るのは一体誰なんだ!?

そう思って良く見てみますと、舞台上に居るのは――Mr,ムーに雰囲気が似た感じのおっさんです! 
驚くことに、今までマジックを演じていた人物――蝋燭を垂らしていた人物は、ただのMr,ムーに雰囲気の似たおっさんだったのです!
今の今まで、Mr,ムーのふりをして、ただの雰囲気が似たおっさんがマジックを演じ続けていたのです!

何という展開! 何という驚異! 何という超魔術!
そう――全ては最初から仕組まれていたのです!
オープニングの「今年の干支が【亥】だか【丑】だか解らなくなるマジック」すら、このマジックへの布石――ミスディレクションでした!

これぞ、Mr,ムーの仕掛けた、本日の目玉マジック!
「偽者のマジシャンが演じるマジックをずっと見続けるマジック」だったのです!

新年に相応しい超魔術に、客席からは割れんばかりの拍手が溢れます。
今までマジックを演じるふりをしていた、舞台上のMr.ムーに似た雰囲気のおっさんも、照れくさそうにそれに応えます。
体中の至るところに蝋燭の欠片をびっしりと貼り付けた本物のMr,ムーも、舞台上に颯爽と登り、手を振って割れんばかりの拍手に応えます。その姿は全裸。身体に大きなスペードのマークを貼り付けた、全裸なのです。

「2007年もMr,ムーをよろしくね! 今年はポケモンクラスの人気者になるつもりです!」

―――――――――――――――――――――――――

なんだこの話。Mr,ムーはどうでも良いですが、今年もどうぞ宜しくお願いします。
(01:02) その他 / トラックバック(0) / コメント(2) /
HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。