いつまで経っても他人行儀

--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2007.03.27 → 匂いに関する記憶とリサイクルについて
外出していた妹に「ついでに薬局寄って、ヘアワックス買って来て」というような、極めて実務的な内容のメールを送ったところ、それをどう読み間違えたのかは解りませんが、彼女ったら男性用のオーデコロンを片手に、意気揚々と帰って参りました。



男性用オーデコロン AXE 香りは男の武器になる。

なるほど、人間はロボットでは御座いませんので、「ワックスを買え」というような内容であるところのインプットに対して、男性用のオーデコロンを購入するという、誤ったアウトプットを妹が行なうことも、ひょっとしたらあり得るのかもしれません。
ワックスとオーデコロンといえば、そのどちらも、字面が片仮名である、身だしなみ用品である、というような共通項が見受けられますし、彼氏の為に五十万円もの借金をするような、脳に大量のオガクズが詰まっていると思しき妹のことですから、買い物を行なっている間に「ワックス……ワックス……ワッフル……ワッフル……美味しい……美味しい……オーデコロン……オーデコロン……」などというような、連想ゲームが生じた可能性も決して否定は出来ません。(ちなみに、妹は現在彼氏とは別れ、借金だけが残ったそうです)

「意外と安かったよ。五ひゃ……六百円ね」
そう仰る妹に対して僕は怒り心頭、全身の筋肉という筋肉を蠕動させ、身体中の血管を起用に操り「KILL YOU」という文字を皮膚に浮かび上がらせながら、おもむろに財布を開いたかと思うと、六百円を支払いました。

さて、妹のワックスを買って来なかった行為はギリギリ許容するとしまして、困ったことに、僕は香水の類の匂いが苦手でして、香水の匂いがキツイ女性と、全身が何か臭い(しかし人工的な匂いではない)女性の、どちらをストーキングするか? というような質問を受けましたら、迷わず後者を選びます。ですから、自分自身にそれを噴射するようなことはちょっと考え難く、問題は、この妹が勝手に購入してきたオーデコロンをどうするかということであります(ちなみに、ちょっと匂いを嗅いでみたところ、腐ったスイカみたいな、昆虫が好きそうな匂いがしました)

簡単に申しますと、使い勝手が無いものは捨てるしか無い訳ですが、ゴミを出さない、ロハスだかロペスだかの如き生き方をその理想としております僕としましては、そういう訳にも参りません。
確かに、我が家では未だにゴミ袋は完全なる漆黒のものを使用しており、「分別」という概念の確立すら見出されておりませんが、ロハスだかトルシエだかを目指して、本日はこのオーデコロンの上手いリサイクル方法を考えてみたいと思います。

――――――――――――――――――――――――――

リサイクル案、その1 
【運動後のコールドスプレーとして使用する】

普段ネットばっかりしてるから、現実世界でちょっと運動すると直ぐに顔面が陥没しちゃう……っていうこと、以外とありますよね?
そんな時には、疲労した患部にコールドスプレーを吹きかけると良いそうだぞ!(高校野球観戦による知識です)
このオーデコロンも、何か空気状のものが噴き出す仕組みになっているのだから、冷凍庫に入れておけばキンキンに冷たくなって、コールドスプレーとして使えるんじゃないかなぁ……?

[問題点]
・僕は運動をしない。
・冷凍庫に入れておくと、アイス好きの妹が「しめしめ……」と呟いてしまう。
・臭い。


リサイクル案その2
【携帯用の猫よけとして使用する】

旅行に行った時、ホテルの周りに猫が居て、ニャアニャアとうるさくて仕方ない! こうなったら鼓膜を破るしかない! なんてこと、結構ありますよね。
そんな時、携帯用の「猫よけ」があれば凄く便利! 
普通、携帯用の猫よけを作ろうと思ったら、コンビニなんかで900mlのペットボトルを買って、内容物を飲み干さなければならないけど、このオーデコロンを代替品として使用すれば、内容物を飲み干す必要性はゼロ! 膀胱が破裂する危険性がなくなるぞ!

[問題点]
・僕は旅行に行かない。
・膀胱は破裂しないが、夏場の日中に使用するとオーデコロンの缶が爆発する。
・うっかりすると臭い。


リサイクル案3
【ダイイングメッセージとして使用する】

外出すると、ついつい殺人事件に巻き込まれてしまう、なんてこと結構ありますよね。
しかも、野次馬として巻き込まれるだけならまだ良いけど、たいていの場合そういう時って被害者になってしまいがち!
まあ、殺されるのは来世に期待出来るから良いとしても、せっかく被害者になったのなら……やっぱりダイイングメッセージのひとつくらい残したと考えるのが被害者心理ってもの。
でも、そうは思ってても中々ダイイングメッセージなんて咄嗟に残せるものじゃないんだよね……トホホ……。

そんな時、このオーデコロンを使用しちゃえば、簡単にダイイングメッセージが残せちゃうんです!
例えば、このオーデコロンをシュッとやれば、犯人に匂いを残すことが出来るし、幸運にも犯人の名前がオーデコロンのアナグラムっぽい感じ(例:オロゴン鈴木)ならば、何と握り締めているだけでもOKなんです!

[問題点]
・僕は外出しない。
・四六時中、オーデコロンを握り締めていなければならないため、手の平が汗でベタベタになる。
・いかんともし難いレベルで臭い。

―――――――――――――――――――――――――――

このオーデコロンを1700円で売ります。誰か買い取ってくれませんか?
itumadetattemotaninngyougi@yahoo.co.jp まで連絡お待ちしています。
スポンサーサイト
(03:41) 日記 / トラックバック(0) / コメント(8) /
2007.03.15 → 333のてっぺんから飛び移れ
つい先日、手首に身に覚えの全くないリストカット痕を発見したことをお伝えしたばかりで恐縮ですが、またしても本日、携帯電話のカメラ機能をフル活用し、耳の裏側をパシャパシャと撮影しておりましたところ、そこにとんでもなく大きな亀裂痕を発見し、戦慄致しました。

亀裂痕の具体的な箇所を申しますと、耳の裏側に御座います、頭部との設置面――耳の付け根? だか何だかそんな所で御座いまして、それは明らかに、過去、僕の耳が取れかけたことがある、あるいは取れたことがあることを仄めかすものだったと言います。

ところで、人が自分の耳の裏側を、携帯電話のカメラ機能を用いて、パシャパシャと撮影することは稀であると思われますことから、僕のこの話が、ありもしない虚言だ! この嘘吐き野郎! 顔がメラニンで黒ずめ! などと罵られる可能性を一応考慮し、述べさせて戴きますと、稀ではあるものの、人は知的好奇心からそのような行為をとることがあります。そして、その知的好奇心は、人が退屈を感じる時に生じるものであり、つまりその時、僕は極度に退屈していたのです。

さて、僕の耳が過去に取れかけた、もしくは取れたことがあることを示唆する、耳の裏側の亀裂跡で御座いますが、入念なチェックの結果、それは両耳に見いだされました。幾ら記憶を辿ってみても、まったくそのようなエピソードは想起されませんでしたが、このことから推察しますに、どうやら僕は過去に、片耳どころか、両耳を失いかけたことがあるようです。余りにショッキングな事柄を経験した場合、記憶が抑圧される現象が発生すると聞き及んでおりましたが、よもや僕にそのような暗い過去が存在していただなんて……

話は少々脱線しますが、様々な漫画や小説を読んでおりますと、女性はいわゆる「翳のある男」に惹かれることが多いように感じます。これは、女性の持つ母性本能が、男の持つ翳りの部分に、「ま、守ってあげたいんだな!」なんつう感じで敏感に反応するからなのでしょうか。

話を戻しまして、では僕が過去に、まったくモテなかったのは何故なのかと考えますと、この翳りの部分――女性の母性本能を擽る部分が欠落していたからだと考えられます(余談ですが、僕は中学生の時に、翳のある男と、陰気な男を勘違いし、女性にモテようとして、その結果ひきこもりました)

しかし、過去に(記憶が抑圧されているが為に)全く身に覚えのない、両耳を失いかけた事故? だか、事件? だか良く解りませんが、まあなんかそんな感じの事柄を経験しておったらしい僕は、いわゆる「翳のある男」の条件を満たしているのではないか……そう、僕は遂に男がモテる条件である「翳り」を獲得したのです!

という訳で、この先の人生においては、両耳の裏側に刻みこまれた亀裂痕の放つ「翳りパワー」が、女性の母性本能だかを刺激しまくり、僕がモテまくるであろうことは必定! まったく、人生とはどうなるものか解らないものだな……ウヒ、ウヒヒ、ウヒヒヒヒ……などと込み上げてくる笑いを抑えながら、でも翳りパワーを放つ前に女性に嫌悪感を抱かれないよう、身体を綺麗にしておかなくっちゃ! と呟いて、先程お風呂に入り、いつも以上に入念に身体とか、耳の裏側とかをタオルでゴシゴシ洗っておりましたら、耳の裏側にあった亀裂痕の仮面を被った、尋常じゃなく溜まってた垢がポロポロポロポロ取れ始めたので、僕の身体を構成するパーツもポロポロポロポロ取れて、そしてアイだけが残った。
(05:08) 日記 / トラックバック(0) / コメント(3) /
2007.03.09 → 死なない! 物真似講座!
物真似の上手さだけは誰にも負けない、千の顔(サウザンドフェイス)を持つ男として有名な僕が、本日は当ブログを御覧の皆様に、誰にでも出来るお手軽な物真似方法を伝授しちゃうぞ!
今まで一日中ガムを頬張り、不良ぶっていたけど、実は友達が居ないことが寂しくて仕方なかったんだ……なんていうあなたも、物真似をマスターすれば友達がいっぱい出来ちゃうかもしれないぞ! あるいは、寝ている間に、体中の関節という関節に噛みかけのガムがベタベタとくっ付いているかもしれないぞ!

ちなみに、僕が持つ千の顔(サウザンドフェイス)のうち、996個までは自閉症の顔で、後の3個は、日がな一日赤面してる顔と、常に鼻の頭が油なのか血液なのか良く分からないものでギトギトしてる顔と、十円玉を両目に当ててるから外の様子が何も見えなくてほっと一安心な顔だぞ!

――――――――――――――――――――――――――

【物真似その1:田原俊彦】
20070309043154.jpg


[やり方]

1、全身の感覚をビンビンにする。

2、「ビック」という文字の刺青を胸に入れる。

3、しょんぼりする。

[コツ]

毎日の食事を、マクドナルドのビックマックのみにすると、そのうちそれっぽい顔になる。



【物真似その2:羽賀研二】
20070309043209.jpg


[やり方]

1、一人の女性を好きになる。

2、莫大な借金を作る。

3、誠意を見せる。

[コツ]

淡い紫色のスーツを三年間着続けると、何だかそれっぽい骨格が出来上がる。



【物真似その3:薬丸裕英】
20070309043218.jpg


[やり方]

1、朝っぱらから笑顔を見せる。

2、瞳の奥は決して笑わってはいない。

3、岡江久美子の写真を左手に、そしてハサミを右手に持ち、ニヤリと笑う。

[コツ]

はなまるマーケットを見続けていると、そのうち薬丸が重度の納豆好きであることが解る。



【物真似その4:SMAP】



[やり方]

1、体を六つに割る。

2、その内のひとつの部位を、バイクに乗せる。

3、残りの五つの部位で、歌に踊りに頑張る。

[コツ]

死なない。

(04:37) 日記 / トラックバック(0) / コメント(6) /
2007.03.03 → リストカットシンドローム
先日、珍しく一人で外出し、繁華街にて買い物に勤しんでおりましたところ、全く身に覚えのない生々しいリストカット跡のような傷跡を、己が手首に発見致しました。

ちなみに、上の段落で「珍しく一人で外出し」と述べましたが、この「珍しく」というのは「一人で」という部分にかかっている訳ではなく、あくまで「外出し」という部分であることを、ここにお伝え申し上げたい所存で御座いますが、しかしそれでも僕は生への執着心は結構なものを持っておりまして、万が一うっかり死ぬようなことがありますれば、ほぼ確実に僕の霊魂は地縛霊へと変貌し、毎夜毎夜、勝手にパソコンを起動させ、カチャカチャというタイピング音を生じさせ、やがて家族に気味悪がられ、パソコン周りに塩を盛られることによって、ようやく消滅します。

そんな僕ですから、過去に自殺しようとしたことは一度だけ――多感な中学生の時に、お風呂場で混ぜるな危険の洗剤に、自分の身体から排出した尿素を混ぜ合わせ、五分ほど気化したガスを吸引し続けるという方式を慣行したことがあるのみで御座いまして、万が一にも自分の手首をカッターなどの刃物で切りつけるような、非常に生々しく現実的な方法を採った記憶はありません。

では、実際手首に御座います、この傷跡は一体なんでありましょうか。
僕の精神が、僕自身気付かぬうちに、外出という極度のストレスのかかった状態に耐え切れず、崩壊を起こし、そしてその崩壊が手首へと現出したのでしょうか。それとも、遥か昔の書物にもその記述が御座います、かまいたちという妖の類の仕業だとでもいうのでしょうか。はたまた、手首という部位は、実は僕が知らないだけで、常日頃からパカパカパカパカ裂けているのでありましょうか?

しかし、僕は常にリアリスティックな思考を行なうよう心がけております。
実際問題として、僕の精神は崩壊していませんし(あるいは中学生の時に既に崩壊しているっつう可能性もありますが、既に崩壊しているならば、今更どうということはありません。それは、もはや壊れようがないのです)かまいたちの正体は真空です。生身の人間の手首もパカパカと裂けたりはしません。

けれど、生身の人間の手首はパカパカと裂けませんが、あるいは精神体ならば(霊魂と言い換えても良い)そういう事態もありうるのかもしれません。精神は肉体という容器に入っていることで、はじめてその連続性を保つことが可能なのであり、容器から解き放たれ、剥き出しの姿になったとしましたら、同一性の指針としての身体を失ったとしましたら、非常に曖昧模糊とした存在となり、ふとしたきっかけで大きくその姿を変貌させることもあるのではないでしょうか?

であるならば、全く身に覚えがないにも関わらず、僕の手首にリストカット跡が出来たのは、僕が既に精神だけの存在(霊魂)に変貌を遂げており、ふとしたきっかけ(おっさんの髪の分け目を目撃など)で、自分の手首(と僕が認識している部分)が裂けているのだと、認識してしまったからなのではないでしょうか。
そして、僕は死んだことにまったく気付かず、こうして生への、あるいはインターネットへの執着心から、今現在、パソコン周りの地縛霊となり果て、こうしてタイピングをおこなっているのではないか……そ、そういえば……僕は……僕は……外出時に……車に……車に……撥ね……撥ね……られ……記憶……記憶……が……綺麗だろ。死んでるんだぜ、それ。
(06:14) 日記 / トラックバック(1) / コメント(3) /
HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。