いつまで経っても他人行儀

2017.05.08 → Nintendo Switchレビュー
噂の新型ゲーム機、Nintendo Switch!
前回の記事でも触れた通り、ゲーム大好きだけどお金が無さ過ぎて、本体代税抜29800円は高すぎて買えないよぉ……トホホ……仕方ないから水でも飲んどこ……と嘆きと我慢の日々を送っていた筆者。

しかし、人間共のおぞましい思念集合体であるインターネットから断片的に漏れてくる、Nintendo Switch用ソフト「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」の評判を見聞きするにつけ、もう何か凄いゲロ吐くくらいに面白そう過ぎて、今まで自分を律しストイックであることを是としていた筆者という個我は「ゼルダの伝説で遊びたい」というシンプルな欲望に囚われてしまい、遂には「ゼルダの伝説で遊びたいぃ……ゼルダの伝説で遊びたいよぉぉ……」と譫言のように呟きながら近所の公園や商店街を徘徊する、ゼルダの伝説あそびたいおじさんへと変貌を遂げるのであった。

以上のような経緯から、警察に逮捕されて「そうです、わたしがゼルダの伝説あそびたいおじさんです」と泣きながら取調室で自白を行う、悲しき結末を未然に食い止めるため、クレジットカードという魔法のカードを駆使し、このたび思い切ってNintendo Switchとゼルダの伝説を購入しちゃった筆者が、今日は食べログやAmazonなんかの心底鬱陶しいレビュアーばりにガチンコで商品レビューを行なっていっちゃうぞ!

IMG_6280.jpg
(この小さいゲーム機は、いったい何食分のご飯に相当するのであろうか……)


Nintendo Switchレビュー

Nintendo Switchの魅力は、何と言っても据置機と携帯機の両方を兼ねるところにあるだろう。
小型のタブレット端末のような本体は、Joy conと呼ばれる小ぶりなコントローラーと組合わさることによって、テレビに接続すれば大画面で遊ぶことが出来るし、本体それだけでも携帯ゲーム機のようにして遊ぶことが出来る。

IMG_6279_20170508000703ad4.jpg


これによりプレイヤーは「テレビ画面の前に座らなければならない」という制約から解放され、いつでもどこでも、快適にゲームをプレイすることが可能となるのである。

この「ゲームを快適にプレイする」という点に、Nintendo Switchはとにかく注力している。スマホを始めとして、時間を奪い合う様々な競合コンテンツが家庭内にひしめく中で「ゲームをするまでの心理的敷居」を下げ「遊んで貰う・触って貰う」にはどうすれば良いのか、徹底的に考え抜かれているのである。

例えば、本体の「起動の速さ」であるが、今までのゲーム機に比べて劇的に速い。スリープモードにしておけば、起動スイッチを押せば即ゲームが立ち上がり、二秒か三秒後にはゲームの世界に没入することが出来る。隙間時間にスマートフォンでネットサーフィンをするような感覚で、Nintendo Switchならばゼルダの伝説の広大な世界に飛び立つことが出来るのである。

また、全体的なインターフェイスも軽快で、プレイヤーに煩わしさを与えないよう、徹底的に工夫されている。先ほど述べた、携帯機の状態からテレビ画面へ、テレビ画面から携帯機への移行も同様で、付属のドックへ「置き」「外し」するだけというお手軽さで、殆どストレスを感じさせない作りとなっている。

IMG_6281.jpg

そのお手軽さは、まるでお金がない状態でも商品を購入することが出来るクレジットカードの如しであり、まぁ確かにカード払いの場合は次月の支払日に結局はお金を支払わないと駄目な訳だけれど、欲しい物を延々我慢して生活を送り続けるのって、ストレスが半端なくて髪の毛とかがごっそり抜けたりするし、あとストレスを発散しようとして夜中に甘い物を過食とかしちゃうし。
そんな日々を送っていると必然的にブクブクに太っちゃうから健康にも良くないし、病気にでもなっちゃったらそれこそ病院代とかで凄いお金かかっちゃうし……。

それに支払日にどうしてもお金が無い場合、クレジットカードなら「リボ払い」という便利な仕組みを活用することが出来るので、アホみたいに高い金利をカード会社に延々搾取され続けながら、無理なく分割で商品代金を支払うようにだって出来るし……。

そのリボ払いですら滞納しちゃう場合でも、クレジットカードにはキャッシング機能という、ある程度まとまったお金をどっかから引き出せる凄く便利な機能がついてるから、それで現金を用意することだって出来るし……。

今はクレジットカードも会社間の競争が激しくて、会社によっては契約取る為に審査とかも結構ゆるかったりするから、仮にキャッシングの支払いが滞ったとしても、他のカードのキャッシング機能で現金を引き出して、ほんで元の方に入金して、また別のカードでキャッシングしてという、夢の錬金術のようなことも理論的には可能な気もするし……。

万が一その錬金術が何らかの理由で作動しなくなっちゃって、現金の用意がどうしても出来なくなってしまったとしても、メルカリとかいう良く分かんないうさんくさい便利なアプリを使用すれば「現金1万円を1万2千円で買っちゃう」なんて、よく分かんないことも出来るらしいから、温存しておいたクレジットカード機能をこの時とばかりに限度枠いっぱいまでフル活用して、とりあえず沢山の現金を入手することは出来るし……。

ここまで手を尽くしてどうしようもなくなったら、最後はアディーレ法律事務所なんかに相談したら、何か仕組みはよく分かんないけど、お金をいっぱい取り戻してくれるらしいし、それが無理だったとしても、これも仕組みはよく分かんないけど、世の中には自己破産っていう借金をリセットする便利な仕組みもあるらしいから、まぁ何とかなるんじゃないかな?

皆はこの件についてどう思うかな? 是非、道徳の授業なんかで議題に取り上げて、グループディスカッションとかに花を咲かせてみてね! ちなみに、今回のゼルダの伝説は史上最大規模に面白いので、仕事辞めて家に引きこもって一生やっておきたいと筆者は思っているんだけど、でも、それは、また、別のお話。
スポンサーサイト
(00:12) 日記 / トラックバック(0) / コメント(0) /
HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm