いつまで経っても他人行儀

--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2007.02.11 → 臓腑から吐き出せ! 新作ゲーム情報!
「まったく好い加減にしろ!」と思わず喉を絞って絶叫したくなるくらい、毎日毎日どこよりも早い新作ゲーム情報をお伝えし続けております当ブログですが、今日は世界的にも熱狂的ファンの多い、このゲームの新作情報をお伝えしちゃうぞ!

『ゼルダの伝説―滑舌の悪過ぎる嫁共―』

対応機種:Wii
発売日:未定

―――――――――――――――――――――――――――

昨年の十二月に『トワイライトプリンセス』が発売されたばかりの、あのゼルダシリーズの最新作が早くも登場だ!

前作『トワイライトプリンセス』では、その余りの面白さに、一ヶ月ほど筆者の日常会話が「ゼルダ、めっちゃおもろい」オンリーになった程だったが(しかし、筆者は他人と会話しないので特に問題は生じなかったのだぞ!)今回の新作は一体どんな風になっているのだろうか? 早速、確認してみよう!


【驚愕の主人公!】

『ゼルダの伝説―滑舌の悪すぎる嫁共―』の一番の目玉は、何といってもシリーズ初となる「主人公が女性」であるという点だろう。

歴代のシリーズでは、「リンク」という名前を持つ勇者が、ハイラルという架空の世界を舞台に、世界征服を企むガノンドロフという悪者に立ち向かう――というような展開が常だった。

しかし、今回シリーズ初となる女性の主人公が採択されたことによって、主人公は「リンク」から「妊婦」に変更され、舞台も産婦人科という現実的な世界へと変更されている。



20070210213602.jpg

↑今作の主人公「妊婦」
ゲーム開始時には、既に臨月を迎えている。服装はかなりタイト。
このお腹の大きい女性が、我々に一体どのような驚きを与えてくれるのだろうか……。

余談だが、前作『トワイライトプリンセス』では、主人公リンクの利き腕が「右腕」だったことに対して、シリーズに思い入れのあるファンの間からは、少なからず不満の声があがっていた(シリーズを通して、リンクは左利きという設定である)

実は筆者もその一人なのだが、どうやらこの新作では、主人公の利き腕は左腕に戻っているようだ。これは、シリーズに思い入れのあるファンには嬉しい知らせだといえるだろう。


【驚愕の新システム!】

前作『トワイライトプリンセス』は、驚くべき完成度を誇ってはいたものの、元々は旧型ゲーム機「ゲームキューブ」用のソフトとして製作されていたもので、実のところ真の意味で新ハード「Wii」の能力を活かしきったゼルダであるとは言えなかった。

確かに、リモコン型コントローラーを振ることによって敵を斬り付ける感覚は斬新だったし、弓矢の照準を直感的に狙い定めることが出来るのは非常に快適ではあったが、それらはあくまでインターフェイス面での驚きであり、ゼルダシリーズの肝ともいえる「謎解き」の面では、リモコン型コントローラーを活かした、大きな驚きを提供することが出来なかったと言えるのである。

その点、今作の『滑舌の悪すぎる嫁共』は、最初からWii用のソフトとして開発されていることから、そのような点もクリアしていると考えられるだろう。

例えば、今回公開された情報の中では、ひとつの斬新なシステムとして、Wiiのリモコン型コントローラーを活かしきった「ラマーズ呼吸法」が挙げられる。



20070210213610.jpg

リモコン型コントローラーを大きく振ることで、ゲーム中の妊婦は「ヒーヒー」と呼吸し……

20070210213618.jpg

リモコン型コントローラーをゆっくり倒すことで「フー」と息を吐き出す。

この「ラマーズ呼吸法」はゲーム中、常に繰り返していなければならないものだそうだ。
(ラマーズ呼吸法を停止すると、産道が狭まり、母子共に危険な状態となる。場合によっては、その場で出産するという、見たくもない種類のエンディングとなる)
この新システムが『ゼルダ』に一体どのような驚きを与えるのだろうか? 今からワクワクし過ぎて、思わず色々と嘔吐しそうだ。


【驚愕の新アイテム!】

ゼルダシリーズといえば、ダンジョンで入手する斬新なアイテムの数々も、その大きな魅力だといえるだろう。

例えば、「高く飛べるようになる羽」を手に入れることによって、今まで届かなかった高い場所へと到達することが出来る――。

例えば「今まで見えなかったものが見えるようになるレンズ」を手に入れることによって、失われた文字を解読することが出来る――。

ゼルダシリーズに登場する様々なアイテムは、世界の探索に必要不可欠な物だといえるのだ!

今回、既に判明した幾つかのアイテムをここに紹介したいと思う。
今までのシリーズには登場しなかった物も含まれるので「これは一体どのように使用する物なのだろう?」といつものように妄想を膨らませるのも楽しいだろう。
ただし、妄想を膨らませ過ぎて、妄想の中でエビちゃんと結婚したりしては駄目だぞ! エビちゃんと結婚して良いのは、筆者だけなのだから!



img10031651378.jpg

『ブーメラン』

ゼルダシリーズには、ほぼ必ずと言って良い程登場する、定番のアイテムだ!
今回は敵にぶつけて攻撃するだけではなく、妊婦特有の「土壁が食べたくなる」などの怪奇現象が起こった場合に備えて、側面で土壁を削りとることが出来るようになっているぞ!



bomb.jpg

『爆弾』

これもゼルダシリーズではお馴染みのアイテムだ!
ただし、今回はいつもに比べてフォルムが少し大きいような気がするのは気のせいだろうか……? 妊婦特有の「爆弾の信管が見たくて仕方ない」という怪奇現象にも対応しており、分解が可能だという。



20070210233040.jpg

『妊娠検査薬』

今回初登場となるアイテムだ!
詳細は不明だが、どうやらかなり重要なアイテムになるらしい。
臨月を迎えてはいても、妊婦は本当に妊娠しているのかどうか不安で仕方ないもの。ひょっとすると、ことあるごとに、これで検査するのかもしれないぞ!


【驚愕のストーリー!】

最後に、『ゼルダの伝説―滑舌の悪すぎる嫁共―』のストーリーを紹介しておこう。
これから先は、多量のネタばれが含まれるから、製品が発売されるまで楽しみにしておきたい! という方は読むのを避けた方が賢明かもしれない。

―― ストーリー ――

『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』が発売されて数ヵ月後の日本……とある田舎町に、臨月を迎えた一人の妊婦が居た……。

この妊婦は、ゼルダの伝説が好きで、好きで、好き過ぎて、マジでゼルダの伝説しかしないので、旦那に逃げられた過去を持っていた。

「う~にゅ……ひゃやくゼルダの新作がプレイしたいにょ~」
(注:妊婦は滑舌が非常に悪い)

ゼルダの新作を熱望する妊婦。しかし、彼女に突然の悲劇が襲う……陣痛が始まったのだ。

「うう……お、おにゃかが痛い……さ、産婦人科にいかなきゃ……」

果たして、彼女は八つの産婦人科を周り、その中から自力でより良い産婦人科を選び出すことが出来るのだろうか? 
今、妊婦の冒険が始まる……。

――――――――――――――――――――――――

今後も『ゼルダの伝説―滑舌の悪すぎる嫁共―』の情報が入り次第、随時お伝えしていく予定だぞ! 
ちなみに、この記事がいつの間にか消えてたら、任天堂に怒られたということだぞ!
どうぞお楽しみにね!
スポンサーサイト
(00:20) その他 / トラックバック(0) / コメント(5) /
2月14日 / HOME / 実録! ストーカー被害!
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007.02.11 (18:14)/ / # / [ 編集・削除 ] /
妊娠それはアドベンチャー ネコパンチさん
なぜ、ゼルダシリーズとして売り出すのかまったく意味がわからない魅力的なゲームですね!

妊婦はどんなアクションをするのでしょうか?
出産というアクションしかできない気がします

今日は主題化をジャガー横田が歌ってくれることを願いながら寝ようと思います、おやすみなさい・・・
2007.02.13 (23:20)/ URL / #m2.qvVHw / [ 編集・削除 ] /
メイドインアメリカ びんちゃんさん
ネコパンチさん>

こんにちは。
妊婦がおこなうアクションですが、出産以外にも実は様々なものが存在します。
現在判明しているだけでも……

・食いすぎで太る。
・お腹を撫でる。
・理不尽に不機嫌になる。
・子供の名前を考える。
・妊娠中毒に陥る。
・拳骨で医者を殴る。

など、多岐に渡るようです。いったい、どんなゲームに仕上がるのか、今から楽しみですね。
2007.02.14 (17:02)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /
大人の事情で消される前に記念パピコ。

いやぁ~トワイライトプリンセス発売直後なのにもう新作が出るとは!
実は先日インドネシアで開かれたアジア最大の蒼嫁祭「Marriage Blue Expo 2007」にも参考出展されてまして、たまたま池袋の帰りに寄ってたのでついでにデモプレイしてみました!

そんなわけで、進化したゼルダ『カツヨメ』のファーストインプレッションだ!

まず、オープニングテーマに今までにない斬新な試み。
あの昭和の名曲『こんにちは赤ちゃん』をなんとスキャットマン・ジョンが熱唱。
PVのロケ地として選ばれた上野公園のブルーシートが、今作「カツヨメ」の世界観と非常にマッチして、ゲームを始める前から目頭をアツくさせます。

ゲーム導入部は、主人公・妊婦にいきなり悪阻(つわり)発生のアクシデントから始まります。
しかしそこはゼルダ、この導入部分でWiiリモコンによるラマーズ呼吸法をマスターさせてくれます。
もう産婦人科に就職してもいいくらい(笑)
まぁそのあとエンディングまでずっとこの呼吸法を維持しなくてはならないのが最大の難点ですが、エンディングを迎える頃には素手で熊を倒せるくらいの筋肉がついてること請け合い。
つまり一石二鳥だね!英語で言えばワンストーンツーバードだね!!

そして今回もサブイベントが豊富に用意されています。
民家にピンポンダッシュして出てきた住人をブーメランで気絶させて部屋の中を物色するイベント、公園にいる生意気なクソガキに硫酸をぶっかけて抗議に現れたバカ親をマスターソードで背後から突き刺して隠し階段を出現させるダンジョンギミック、夕食時間帯の混雑する『つるかめランド』で店員の目を盗んでダイエット用納豆を5パック万引きする強制イベント・・・などなど、とにかく一時も目の離せないイベントが盛りだくさん。

さらにボス戦の駆け引きもゼルダの魅力の一つ。
ネタバレで申し訳ないが第3のダンジョン『幾多の餓鬼が通りし産道』のボス・想像妊娠した森三中のブーデー(名前失念)が口から吐き出す吐寫物を新アイテム『マジカルスプーン』でキャッチしては弾き返すというアクションでタイマンバトルするのが斬新!
しかもこっちはそのバトル中もラマーズ呼吸法をしなくてはならないというストイックさ!ツェペリ師匠もビックリです。

まだデモバージョンで一部しか触れませんでしたが、これはまさに『ゼルダ』以外の何者でもない。そう感じさせる一本でした。
2007.02.16 (22:06)/ URL / #6elSjn0U / [ 編集・削除 ] /
KPさん>

こんにちは。
早速「カツヨメ」を触られ、更には僕すらも知りえなかった新情報まで大量に仕入れられ、大変羨ましく思うばかりです。
新アイテム「マジカルスプーン」のことについてや、「幾多の餓鬼が通りし産道」のボス情報などは、恐らく世界で最も早い情報なのではないでしょうか。
プレイされた感じですと、近作もしっかりと「ゼルダ」しているようだとのことで、本当に発売が楽しみでなりません。
――ですが、今作の「カツヨメ」情報筋からの噂によると、早くも発売が危ぶまれているというのです。
何でも、アメリカの婦人団体がこの「カツヨメ」に対して「助産婦なしに妊婦を歩き回らせるだなんて何事か!」と猛抗議を行なっていることが原因だそうで、これは「Marriage Blue Expo 2007」に参考出展したことが、結果的には裏目に出た格好となりそうです。

「トワプリ」におけるミドナ的役割として、助産婦を妊婦に付ける、スキャットマン・ジョンに婦人団体をなだめて貰う、などの対応策も考えられるとは思いますが、果たしてどうなることか……。
新時代のゼルダ「カツヨメ」が製品化されることを願ってやみません。これからも色々な意味で要チェックだ!
2007.02.19 (02:22)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。