いつまで経っても他人行儀

2007.02.22 → 代打日記:ナンパ師編
あれ? 君、若い頃の田中眞紀子そっくりじゃない……?
(ナンパテクその1:とりあえず女性は芸能人に例えておけ!)

ってな訳で、女性読者の皆さん、こんにちは!
俺、ナンパ師の軟羽 矢流尾(なんぱ やるお)っていうもんだ! 年齢は今年で47歳になる。
今日は、当ブログの管理人、びんちゃんに頼まれて、代打日記を書くことになった。
……えっ? びんちゃんは何をしてるのかって? 良くは分からないけど、なんでも重度のアパシー状態だとかで、一日中、体中に味噌を塗りたくったりしてるらしいぜ。……って、そんなキモイ奴のことはどうでも良いじゃん! 今は俺のことだけを見てろよ……。
(ナンパテクその2:時には強引に攻めろ!)

そんじゃ、本日はどうぞひとつヨロシク!

――――――――――――――――――――――――

さて、代打日記を引き受けた当初は、当ブログを御覧の女性読者の方々を、俺のナンパテクニックで次々口説き落としていこうかな、なんて考えていたんだけど……どうもこのブログ、女性読者の数が凄い少なそうなんだよね……トホホ……
(ナンパテクその3:オトボケキャラで女性を安心させろ!)

仕方ないから、今日は当ブログを読んでる、ネットが大好きな野郎の方々に、俺のナンパテクニックを伝授してやろうと考えてる。
マジで明日っから直ぐナンパの達人になれる方法を教えてやるから、心して読めよな!
(ナンパテクその4:急がば回れ。男気に熱いところを見せろ!)

勘の良い奴はもう分かってると思うけど、俺は既に幾つものナンパテクニックを披露してる。上記にある幾つかの括弧の文章がそれだ。
俺はスゲー仲の良い後輩に「凄いっすね! 矢流尾さんのナンパテク! マジあやかりてー!」とか言われない限り、普段は滅多なことで他人に自分のナンパテクニックを披露したりしない……だから、これを読んでるあんたは、マジでスゲーラッキーなんだぜ!
(ナンパテクその5:相手にお得感を与えろ!)

――――――――――――――――――――――――

『必読☆今日から使えるナンパテク!』

【声掛け】

よし、じゃあ具体的にナンパの仕方を教えてやる。
先ずは女性への声のかけ方だ。
ナンパが成功するかしないかは、この「声掛け」に九分九厘かかってると言っても過言じゃねえ。
ここで躓くと、女性は話も聞いてくれねえどころか、時によっては一生のトラウマになるような酷い暴言を吐いてくることもある。

俺も駆け出しの頃は「消えろ!」だの「死ね!」だの「蛆虫!」だの「器用貧乏!」だの「男尊女卑!」だの「万年床の裏側!」だの「スクエアエニックス!」だの「リストカットシンドローム!」だの「美味しんぼ!」だの「あだち充!」だのと、色々酷いことを言われたもんだ……まあ、あの失敗があるから、今の俺があるんだけど、当時は心底落ち込んで、一日中家に引き篭もって、ペロペロと塩を舐めるだけの生活を送ったこともあるんだぜ!
(ナンパテクその6:腎臓に負担がかかるから、余り塩は舐めすぎるな!)

声掛けの基本は、さりげなく女性を褒めることだ。
褒められて気分を悪くする女は先ずいない。
一例としては、こんな感じだ。

(例)
「突然スイマセン! あなたが、余りに田中邦衛の物真似が上手そうだったので声をかけさせて戴いたんですが……」
「わっ! 君、Jリーグ浦和レッズの選手、マルクス闘莉王ユウジ・ムルザニ田中ばりのドリブルテクニックありそうだね! お茶しない?」

冒頭の、芸能人に例えるやり方なんかもこの一例だと言える。


後は、まるで元から知り合いであるかのように、何気ない風を装って声をかけるのも効果的だ。

(例)
「あれ? 君の背後霊って、ひょっとして、六年前に死んだ僕のおじいちゃんじゃない……?」
「久しぶり! 三年前のポケモン全国大会の決勝戦以来だね!」


更に、非常に高度なテクニックが求められるが、最初にわざと怒らせて注意を引き、その後で謝罪を求めて、絆を深めるっつう手法もある。

(例)
「おい! そこの阿婆擦れ! ……あっ……スイマセン……ハイ……何かムシャクシャしていて……つい……スイマセン……ハイ……ハイ……もう二度と言いません……本当にスイマセン……」

重要なのは、自分にあった手法を確立することだ。実践の中で色々と模索してみろ!
(ナンパテクその7:トライ&エラーの精神を持て!)


【会話】

声掛けが上手くいったら、次は相手を上手く会話に乗せなくちゃならねえ。
ちなみに、良く勘違いしてる奴がいるから一応確認しておくが、ナンパの最終目的はあくまで女性と二人でUNOをすることだ。それ以上でもそれ以下でもねえ。
最近増えている、チャラチャラした、変な下心を抱いてるような奴は真のナンパ師とは呼べねえ。
女性にUNOの喜びを知ってもらうこと……それが真のナンパ師の仕事ってもんなんだぜ!
(ナンパテクその8:UNOはどのゲームよりも番面白い!)

それじゃあ、上手い会話を考えてみよう。
ある程度、声掛けで掴みは上手く行ってるから、後はその女性の容貌や持っている小物、雰囲気などから、瞬時にその女性の好きそうな話題を提供出来るかどうかが肝だ。
(ナンパテクその9:プロファイラーとナンパ師は紙一重)

4.jpg


今回はこの滑子ちゃんって子をモデルにしてやってみよう。
彼女がどんな子か解るか?

そうだな……俺の見たところ、高校……三年生ってところだな。
その可愛さから察するに、学校のマドンナ的存在で、性格は控えめで、警戒心は強め。
中々の高難易度な女性だと言えるな。
何処となく物憂げな雰囲気を醸し出しているところと、少し顎がしゃくれているところから察するに、趣味は……しゃくれ……しゃ……写経……しゃ……写植……いや……シャンプーの匂いを嗅ぐこと?
うーん、難しいな。どう思う? お前らもちょっと考えてみてくれ!
(ナンパテクその10:思考を止めるな!)

よし、とりあえず、趣味は「しゃもじで人をビンタすること」っていう推量を立てて、探りを入れてみよう。

(例)
「俺、こう見えても、結構ビンタされるの得意なんだ。特に、ほら……なんて言ったっけ……ご飯を掬うスプーンみたいな奴……で叩かれるのが好き! 大好き!」

重要なのは、肝心な部分をうやむやにすることだ。
女性が指摘してくれたら、興味があるってことだから、その話題を広げれば良い。
スルーされたら興味がないってことだ。即座に話題を転換させれば良い。
(ナンパテクその11:相手の出方を伺え!)


【誘い】

最後は、上手くお茶に誘い出せるかどうかだ。
UNOをやるには、喫茶店がもって来いだからな!
ナンパってのは、今までいくら会話が弾んでも、この最後の誘い方で失敗しちまったら、元も子もねえ。
十重二十重に会話を重ねて、盛り上がりに盛り上がっても、最後の最後でアッサリと、さようならbye byeしちまうのが女ってもんだ。
だが、だからこそ、この瞬間は最高にエキサイティングなんだ。
UNOのDraw4を出す時と同じくらいに、しびれる瞬間だと言えるだろう。
(ナンパテクその12:Draw4は最後の切り札!)

大事なことは、今までの会話の流れをそのまま利用することだ!
いきなり話の流れをぶった切って「お茶しに行かない?」なんて感じのことを言っちまったら、女は途端に警戒しちまう。
マジで女の警戒状態は凄いぜ。俺、何度か防犯用小型アラームを鳴らされたことあるもん。
(ナンパテクその13:あの時はマジでビビった!)

大事なことは、会話の流れだ!
会話の文脈に乗せる形で、誘い文句を言えたら、たいていの女は首を縦に振るだろう。
(ナンパテクその14:剛の拳ではなく、柔の拳!)

よし、じゃあ、早速さっきの滑子ちゃんを使って練習だ。
会話の流れとしては……
「しゃもじトークで盛り上がって、しゃもじでご飯を掻き集めるパントマイムをしたら、首に強い違和感が走った」
っていう感じだ。

4.jpg

滑子「えっ、本当に首の骨が折れかけたんですかー? うっそー。超ウケル。でも、本当にしゃもじって色んな使い方がありますよねー」

ここで、お前らなら、彼女をどう誘う? 思考を止めずに考えろ!
例えば、俺なら、こうだ!

(例)
「うん、本当にそうだよね。ところで、お茶行かない?」

(ナンパテクその15:Simple is best!)

――――――――――――――――――――――――

俺はこの後、まんまと喫茶店で滑子ちゃんとUNOに興じることが出来た!
マジでUNOの面白さったら最高だよな! 
Draw4の応酬の時なんかは、エレクトしちまうかと思ったぜ。
この瞬間が、マジでナンパ師やってて良かった! って心の底から思う時だ!

(ナンパテクその16:UNO最高!)


これで俺の代打日記は終わりだ。
一応、俺の持ちうる限りのナンパテクニックは、詰めれるだけ詰めたつもりだ。
しかしナンパっていうのは、そう簡単に一筋縄で行くもんじゃねえ。
それこそ、UNOと同じくらいに、戦略性に富んだもんなんだ。
ナンパに一生終わりはねえ。
今回俺が教えたやり方以外にも、お前ら自身が、自分にジャストフィットするやり方を、編み出して行って欲しいと思う。

ただし……人に後ろ指を指されるような行為だけはするな!
太陽に背を向けてまで、ナンパなんてするもんじゃねえ!
常に、自分自身を見失わないようにしろ! 
それだけは覚えててくれ!

(ナンパテクその17:常に道の真ん中を歩け!)

――軟羽 矢流尾
スポンサーサイト
(03:34) 日記 / トラックバック(0) / コメント(4) /
リストカットシンドローム / HOME / 猫背の矯正について
 みやたさん
芸能人に例えるのはいいですが、何故ここまで「田中」姓に固執するのでしょうか。

あ、おひさしぶりです。
2007.02.22 (15:01)/ URL / #DzVePD6I / [ 編集・削除 ] /
みやたさん>

こんにちは。
いきなり残念なお知らせになってしまうのですが、軟羽 矢流尾さんは、先日余りにUNOに熱中しておりましたところ、家が火事になっていることに全く気付かず、そのまま焼死。不幸にも帰らぬ人になってしまわれました。
彼はキャラ的には心底ウザイタイプの人で、仕事もせずにUNO、UNO、ナンパ、UNOしか言わない彼に、幾度も辟易したことも御座いましたが、しかしUNOの強さったら半端なく、その点だけは尊敬出来る男でした。
まあ、そんな訳で本日は軟羽 矢流尾さんの変わりに僕が返信させて頂きます。どうぞ御了承下さい。

田中姓に固執する理由で御座いますが、軟羽 矢流尾さんの亡き今、そのはっきりとした真相は闇の中。ただその理由は、彼の苗字が「軟羽」などという奇怪なものであることから推察することは出来るでしょう。
「田中」という苗字は、いわゆる「普通の苗字」であります。それゆえ、田中姓は、彼がいくら得ようとしても決して得ることが出来なかった、普通の生き方を象徴するものであり、彼にとっては、もっとも望ましい芸能人、崇拝の対象としての芸能人が、田中姓で統一されていたのだと、そのように考えることも出来るのではないでしょうか。

あるいは、田中眞紀子がガチで好みのタイプで、そこから田中姓自体にも性欲を感ずるようになったのかもしれませんね。
2007.02.26 (00:15)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /
ならばいっそ名字を宇野にすればいい。

(ナンパテクその18:旬を過ぎたカキコにも遠慮するな!)
2007.03.23 (00:43)/ URL / #6elSjn0U / [ 編集・削除 ] /
rennzoku-de-hennsinn-suru-yo びんちゃんさん
KPさん>

こんにちは。
先日のみやたさんへの返信におきまして、軟羽 矢流尾さんは焼死したとお伝えしましたが、しかし後日聞いたところによりますと、どうやら奇跡的にも彼ったら焼死してなかったらしくって、現在では病院において治療をおこなう傍ら、プロのウノシャン(ウノを生業とする人)として生きて行く決意を固め、ケロイド状の皮膚を酷使しながらも、カードを引く毎日を送っているそうです。リハビリが終わったら、即座に渡米するということですので、今後のウノ界の動向に目が離せませんね。

ですが、軟羽 矢流尾さんは、苗字が「宇野」である・ないに関わらず、養子縁組してくれる女性がおりましたら、即座にウノシャンとしての夢を諦めると申しておりましたので、どうぞ女性の斡旋の程、よろしくお願い申し上げます。
ちなみに、良く好みのタイプを「神田うの」だと勘違いされるそうですが、彼女は喋り方が気に食わないから、そうでもないのだそうです。ただし、結婚は別にしても良いそうですので、どうぞ参考にして戴ければ幸いに存じます。
2007.03.27 (04:02)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm