いつまで経っても他人行儀

--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2007.09.19 → 誕生日プレゼントについて
およそ二週間前のことになりますが、僕の携帯電話に、幼稚園からの付き合いとなります、幼馴染のH君から「今度、俺の誕生日パーティーを開くから、プレゼント持って来てちょ」という、どうしようもないメールが届きました。

このH君ですが、三年前に初めて彼女が出来た途端、こちらからのメールや電話に、一切反応しなくなったという悪逆非道な過去を持っておりまして(確かに、三年前、繁華街でたまたまデートしている二人を目撃しました僕が取った行動――無言で彼のジーンズに唾を吐きかけて去る――は、いささか度が過ぎたものであったかもしれませんが……)僕が彼のために人間不信に陥らなかったのは、全く奇跡的であるとしか言えないでしょう。

当初は「その日はちょっと下半身が壊死しているから……」などと、どちらかというと断るスタンスを取っておりました僕ですが「美味しいケーキもあるよ!」というメールの文面に遂に根負けし、先週の土曜日にパーティー会場でありますH君の家へと赴いて参りました。

さて、誕生日パーティーに参加しますからには、勿論誕生日プレゼントを持参しない訳にも参りません。確かに過去、手酷い扱いを受けたことは事実でありますが、この際過去のわだかまりは水に流し、プレゼントには彼が喜ぶものを送ろう。純粋にそう考えました僕は、サプライズ要素を徹底的に排除し、彼自身に直接欲する物を尋ね、そしてそれが「グレンラガン」というアニメの「設定資料集」であることを突き止めたのです。

しかし「グレンラガン」というアニメに関しまして、わたくしネット上で名前を散見する程度、ほとんど無知なる状態だった訳でして、それを用意する作業は、とても骨の折れるものだったのです。しかしH君が望むのならば仕方ありません。僕は公式サイトを覗き、キャラクターの名前などをある程度把握すると、二日ほどせっせと頑張り、グレンラガンの設定資料集を自作しました。以下がそれにあたります。

―――――――――――――――――――――――――

僕が勝手に考えた「グレンラガン設定資料集」

【キャラクターの章】

20070917220609.jpg

主人公・シモンは、悪と自分を馬鹿にする子供を絶対に許さない、正義の心を持つ38歳。
34歳までは定職につかず、一日中公園を徘徊し、少年ジャンプを拾い読みする生活を続けていたが、ある日親に叱られたことを契機に、グレンラガンのパイロットになることを決意する。
グレンラガンは基本的に全自動で動くロボットのため、搭乗の際には退屈しのぎに拾ってきた少年ジャンプを必ず持ち込む。現在連載されているジャンプ作品の中で最も好きな作品は『To Loveる』で、嫌いな漫画はそれ以外の漫画。シモンにとっては「ラブコメこそが俺のジャスティス!」なのである。
根っからの戦士であるシモンは、グレンラガンが起動しない土曜・日曜も休むことなく、武器の風船ヨーヨーを片手に、警備と称して近所をうろつき回る。しかしその一方で、近所の子供たちを見かけると嬉々としてポケモン(初代)の対戦を申し込むという、幼い一面を見せることもある(そのため、近所の子供たちはよっぽどのことが無い限り、土・日を家屋の中でジッと息を潜めて過ごす)
落ちているガムを良く踏む。チームのマスコット的存在である。


20070917220617.jpg

シモンの幼馴染であり、ジャグリングの達人でもある、ニア・テッペリンは自称不思議ちゃん。
チーム内ではもっぱら食事係を担当している彼女だが、包丁すら買えぬ貧困の中で生まれ育ったため、料理の際にはあらゆる素材を素手で引き千切る(そればかりか、シモンのTシャツなども引き千切る)
食材の買出しは、主に敵の陣地に建つスーパーを利用する。身重の妊婦を装い、腹の中に出来る限りの商品を万引きするためである。その手際は天才的であり、スーパーの万引きGメン達からは『片二重のグリズリー』と呼ばれ、恐れられている。また、万が一、出口で警備員に呼び止められた場合の逆切れの仕方も尋常ではない。
「証拠あるんか! 証拠!」「ちょ……触んなて! ちょ……い、イタッ! ……暴行! 暴行です! この人、今、私のお腹を殴りました!」「イタタタ……これ、完全にお腹の赤ちゃんに悪い影響あるわ……」「……一千万。慰謝料一千万」
などといった噛み付き方は芸術的ですらある。
生まれてから今まで誰も愛したことがない。チームのマスコットガールである。


20070917220650.jpg

天才科学者にして、グレンラガンの開発者、リーロン・リットナーの頭部には、カルデラを思わせる大きな『穴』が開いている。
この穴の深淵からは、時折『囁く者』とリットナーが形容する、不可思議な存在の『声』が聞こえるという。
その内容は「チャンラー! マリリン・モンローでーす!」「世界で一番おもろいアニメは美味しんぼ」など様々であるが、リットナーはこれら『囁く者』の声から、飛躍的な閃きを獲得し、グレンラガンを始めとする、数多の革新的な科学技術の創出に成功したのである。
普段は頭部の穴に埃や雨が入らないよう、ベレー帽のようなものを被っており、その様子を指して、町の人々は彼のことを「天丼マン」などと呼び、親しんでいる(ただし、リットナー自身はその呼ばれ方を嫌っており、天丼マンと呼んだ人間を絶対に許さず、ナイフを片手に何日も執拗に付け回す)
電車内の盗撮で五度逮捕されている。チームのマスコット的存在といえるかもしれない。


20070917220638.jpg

シャツ越しに映る豊満な胸、ホットパンツからスラリと伸びる足、健康的でありながら同時にエロティシズムをも漂わす腰のくびれ、憂いを帯びた表情を宿す可憐な顔……女性を形作る上において、およそ理想的といえるパーツで構成されたヨーコは、しかしチーム1の、いや――宇宙1のじゃじゃ馬娘なのである。
空手、クンフー、柔術、カポエラなどの様々な武術を体得し、銃器の扱いにも長けるヨーコは、例え相手が天を突く巨大ロボットであろうとも、臆することなく生身のまま立ち向かっていく。その強さは鬼神の如く、一部ではグレンラガン不要論が飛び出すほどである。
メンタル面も同時に完璧であり、誰に強制されるまでもなく、老いた両親くらいは簡単に山に捨ててしまう。ヨーコは何者にも砕けぬ『ダイヤモンドの覚悟』を保持しているのである。
髪の毛が全部枝毛である。チームのマスコットガールなのだ。


【ロボットの章】

20070917220631.jpg

そろそろ設定を考えるのが面倒になってきました。

・敵ロボットなのである。
・動力は太陽エネルギーを使用していてエコロジーなのである。
・生活排水は完全にろ過される仕組みになっているのである。
・アンチスパイラル(外国?)という所からやってきたのである。
・移動の際にはTOKIOの「宙船」が常に流れるのである。
・戦闘の際には長渕剛の「とんぼ」が流れ始めるのである。
・乗組員が全員例外なくどエロなのである。
・『無駄なガンダムって何だ?』→答え『ムガン』
・『ム』無職の
・『ガ』外人
・『ン』ンドゥール・ダルビッシュ
・敵国のマスコット的存在なのである。


20070917220645.jpg

「その力を手にした者は、望むならば神をも殺すことが出来る」
史上最強のロボット――グレンラガン。
その能力の全容は、開発者であるリットナー自身にも把握しきれていない。キャタピラの中には漫画喫茶の個室程度の空間があり、シモンはそこをグレンラガンの操縦席としている。
グレンラガンは基本的にオートで動く自律思考型のロボットで、本来ならば内部に人が入る必要はないのだが、親に叱られ家出してきたシモンが四年前から勝手に住み着き、現在では居住権を主張、パイロットを自称している。
背中の長い棒は男性の生殖器を模したもので、シモンが住み着くまでは近所の子供たちが良く鉄棒遊びに使用していた。
キャタピラの中はシモンのゲロ臭い。チームのマスコット的ロボである。

――――――――――――――――――――――――――

誕生日から数日経ちますが、不思議なことに、何故かあれからH君からは一切連絡がありません。二度目の裏切りに、流石の僕も人間不信になりそう。
【追記】

その後、DVDとネットの力を併用し「グレンラガン」を16話まで見ましたので、簡単に感想を書きたいと思います。

・これは理屈抜きに面白い。傑作アニメである。
・世界一面白いアニメ「美味しんぼ」より面白い可能性がある。
・第一部の最終話と、第二部の三話目が熱すぎて泣いた。
・四話目を除き、絵のクオリティーが総じて高い。
・僕はニアよりもヨーコ派。
・中川翔子の歌唱力に驚いた。
・「お前が信じるお前を信じろ」という説得力。
スポンサーサイト
(05:13) 日記 / トラックバック(2) / コメント(0) /
ショートショート日記 / HOME / 代打日記:UFO研究編






 管理者にだけコメントを見せる

▼ パーツ ヨメガアクセルレイダー用(純正)
・★心店入荷作品ご紹介★・誕生日プレゼントについて・ブームの変遷とラジコン・Oリング・毛糸とヨーヨーキルトの花・DEAR MY SUN (アイテム図鑑)・歌劇「魔笛」鑑賞・[アニメ]リアルロボットって何さ?・【FIGUMATE】フィギュメイトの新作が大量発表されました・[色々]L
ヨーヨーを... / 2007.09.19(12:20)
美味しんぼ}『美味しんぼ』(おいしんぼ)は、雁屋哲原作、花咲アキラ作画の、漫画作品。アニメ、ゲーム、テレビドラマ化もされた。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFD
アニメ・マンガ 集まる! / 2007.09.29(15:19)
HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。