いつまで経っても他人行儀

2007.10.19 → ショートショート日記
【1】放置期間

「更新が滞っているサイトやブログの管理人は、実生活が充実している」
このような俗説が一般的に流布しておりますことから考えまして、一ヶ月以上ものあいだ当ブログを放置しておりました僕の実生活は、さぞや充実しているだろうと考えることが可能ですが、その充実っぷりを推測致しますと、シンガーソングライターとしてデビューし、読者モデルなんかと付き合い始め、渋谷辺りの若者に「ゴッド」と呼ばれ、僕の半生を描いた漫画がマガジンに連載され始め、オノ・ヨーコが「ジョンではなく彼と結婚するべきだった」と僕を名指しし、人気ドラマ「24」の最新作では十時間近く寝てダラダラするだけの何てことのない僕の日常が24話に渡って放映されるなど絶好調! 誰も僕を止めることは出来ない! こんにちは、好きなやくみつるは亀田父と喧嘩している時のやくみつるです。


【2】左耳

先日、吉井和哉のライブコンサートに行って参りましたところ、音の余りの大きさに左耳の鼓膜が破れました。「ノーミュージック、ノーライフ!」と意味も解らず喚き立てております僕にとって、これは一大事! このままですと、今までキラキラとした輝きを放っていた僕の日常からはゆっくりと色彩が失われ、白と黒のツートンカラーによって統一された、まるでコミックスの世界に迷い込んだかのような錯覚を覚え始めることは必至……おや? ということは? 僕が望んでいた二次元の世界がそこに……! やったー! 後は可愛いヒロインキャラクターが現れるのを待つだけだー!(年上のお姉さんキャラが望ましい)


【3】首

二日ほど前に漫画を一気読みしておりましたところ、首を酷く痛めました。僕の首の筋力は、ギリギリ顔とそれに付随します目鼻と髪の毛を支える程度しか御座いませんので、下を向いて漫画を読むという無理な姿勢を長時間維持し続けるのは、まさに死を賭す行為――それは丁度、少年漫画における脇役が、自分の命を投げ打って主人公を助ける行為に似ている……――でありまして、馬鹿野郎……くび! お前言ってたじゃねえかよ! 一緒に沖縄に行こうって言ったじゃねえかよ……! 一緒に沖縄でチンスコウをイルカの空気穴に差し込もうって……言ってたじゃねえかよ……等と首をさすりながら一人でブツブツ呟いておりましたら、背後に母親が怪訝な顔をして立っていたので、僕もギャーと叫んで死にました。ちなみに読んでた漫画はMMRです。


【4】1.7cmの壁

自分よりも身長が高い男性には憎悪を抱き、自分よりも身長が低い男性には微笑で接する、という羅刹と仏の顔を同時に合わせ持つ僕ですが、最近自分の身長を正確に測ってみましたところ、166.7cmであることが判明しました。己が身長を165cmだと思い込み、ことあるごとに「どうせ165cmだし……」「165cmじゃ何も出来ませんよ……」「君に165cmの気持ちが解るか!」などと自己を蔑んで参りました僕にとって、これは嬉しい誤算! これからは胸を張って「165cmの気持ち……? フン! 解らんね!」「クソが! 貴様は下ッ! 俺は上だッ!」「1.7cm……それは絶対に越えることが出来ない壁よ!」などと、165cm以下の人に対して心中で呟き、166.7cm以上の男性に対しては目線を一切合わせないようにすることで自尊心を満足させていこうと考えておりますので、皆様何卒ご声援の程宜しくお願い申し上げます。さようなら。
スポンサーサイト
(22:22) 日記 / トラックバック(0) / コメント(2) /
歯を食いしばれ! 新作ゲーム情報! / HOME / 誕生日プレゼントについて
追いかけても 一騎さん
1.7cmの差は、結構大きい!!
17cmの差は、5cmの木材を切るときに包丁を使うか、チェーンソーを使うかぐらい違う!!
2007.10.26 (20:26)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
ゲームレビュー びんちゃんさん
一騎さんこんにちは。
いつものことながら返信を放置しまくりまして、ほんと申し訳御座いません。
誠意を見せる意味合いで、僕ったら今パソコンのモニター前で「メンゴメンゴ!」としきりに言っておりますので、どうぞ御容赦下さいませ。ほんと申し訳ない!

さて、一騎さんのコメントですが、正直申しまして余りに難解なその内容(17cmの差は、5cmの木材を切る時の道具に関係してくる……つまり、5cmの木材は17cmを内包出来るのか? という哲学的内容だとお見受けしましたが……)に僕はホトホト困っておりまして、これは最早仕方ありませんので、いっそ飛躍して最近遊びましたゲームのレビューでも書きたいと思います。


「宝島Z―バルバロスの秘宝―」 対応機種wii

無駄に筋肉質なことでお馴染みのインテリヤクザ、草野仁がCMをしてた、謎解きアドベンチャーゲーム。
中学校時代の僕の服装と同じくらい(両胸にHと書かれたTシャツを毎日着る)の、とにかくセンスの無いタイトルからは想像も出来ないが、恐ろしく良く出来たゲームであり、また登場するキャラクターが子供向けであるのに反して、内容はかなりの大人向け。蝙蝠が哺乳類であることを知っている人間がどれほど居るというのか。
ネット上の評判が高いので購入してみたが、確かにこれは面白い。謎が解けた時の爽快感は異常。MYSTとかゼルダとか好きな人は確実に嵌ることうけあい。僕の目がこの一週間近くずっと充血しまくってるのは、このゲームをやり過ぎたせいか、何らかの病気のせい。後者だとすると僕は近々失明するので、怖すぎる。そういえば最近血便とか出るし、病院行った方が良いのかな……。

満足度★★★★★


「マリオギャラクシー」 対応機種wii

テトリスをし過ぎて以来、割と自重していたゲームだが、最近になってその熱が再発。宝島Zに続き、月に二本もゲームを購入するという暴挙に出ました。
言わずと知れたマリオシリーズの正当な新作。
序盤は難易度が物足りない感じで、正直いまひとつか……? と思ったものの、中盤辺りから異常なくらい面白くなってきました(気が付いたら五時間くらいぶっ続けでプレイしてた)
感覚としては、FCのマリオ3、SFCのスーパーマリオワールドをやってる時のような高揚感があり、これでもか! これでもか! と過剰な程に詰め込まれているギミックはまさに圧巻の一言。100%の力でプレイヤーを心底楽しませようとする姿勢には全く関心させられる。これくらいのサービス精神が日本の病院にもあれば、僕は今直ぐにでも健康診断にいくのだが……。

満足度 ★★★★★
2007.11.05 (01:44)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm