いつまで経っても他人行儀

--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2005.08.27 → エロイムエッサイム
普段六時間くらいしか眠らない僕ですが、昨日は十四時間という、背が劇的に伸びるんじゃないかというくらい寝ましたが、全く伸びてねえよ。

そんな訳で、現在165センチの僕は、身長に対して並々ならぬコンプレックスを抱いておりますゆえ、今まで様々な背が伸びる方法を試みて参りました。

それはもう苦心惨憺、ある時は膝に刺激を与えれば良いんだと金槌で膝を叩き続けてみたらそれは脚気の子に対する処置だったとか、信じる心が力になる! という某CLAMPの漫画のセリフ通り就寝前に必ず身長が伸びてモテモテになっている自分を想像してみたりだとか、皮膚移植を足の裏に繰り返せば足の皮が異様に厚く(十五センチくらい)なって背の低さをカバー出来るんじゃないかと考えてみたりだとか、様々な努力を試みた訳です。

ことごとく駄目だったし、後半二つは努力じゃないんだ。

真面目な話、もしいきなり目の前に悪魔メフィストが現れて、
「お前の身長を高くしてやろう。ただし……それ相応の物を払って戴くがね」と言われたら、僕は迷わず身長を後十センチ高くして貰います。
例え、その代価として己が両乳首を失うことになろうとも……。

「世の中は[等価交換の法則]というもので成り立っている」と先日チラリと見た、何だか良く解らないアニメで言ってましたので、身長が手に入るならば両乳首を失うくらいは仕方がないことなのです。
例え、メフィストの持っている「乳首スクラップブック」の中に、僕の乳首が入ろうとも仕方が無いことなのです。

そして、メフィストがその「乳首スクラップブック」を友達のサタンに見せて――

「おい、メフィスト、どうしたんだよ! この乳首」

「ヘヘッ、良いだろ?」

「ああ、悔しいが凄く羨ましいな。この乳首……尋常じゃない大きさじゃないか。……頂戴!」

「それは無理だな。ただし、お前が持ってる、奈美悦子の乳首となら交換してやっても良いぞ」

「何だって!? 俺がどれだけ奈美悦子の乳首を大事にしていると思っているんだ!」

「お前がそれを手に入れた時は、随分と自慢してくれたっけなあ。悔しかったなあ、あの時は……。余りに悔しくて、お前の家の庭先に大量のカニかまをばら撒いたりしたものな」

「あれの犯人お前だったのかよ! 後処理凄い大変だったんだぞ!」

「それくらい悔しかったんだよ。だから、今お前が悔しがってる気持ちは良く解る。良く解るからこそ……凄い快感だね」

「クソッ、この鬼! 悪魔! ジーンズメイト!」

なんて事になって、メフィストとサタンの仲は険悪になり、後日メフィストの家の庭先に大量のチーズカマボコがばら撒かれる事になろうとも、僕は身長が後十センチほど欲しいのです。


そんで、話の大筋とは全然関係ないんですけど、メフィスト、メフィストと幾度も連呼してたら、中学校の時に目の造りが貧相だった大谷君が「目貧相(メフィンソウ)」って呼ばれてた事を今思い出しました。

そんな感じで今日は筆を置きたいと思います。ありがとうございました。
スポンサーサイト
(18:02) その他 / トラックバック(0) / コメント(2) /
紋章 / HOME / フィクションですよ、存在自体が
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005.08.28 (21:32)/ / # / [ 編集・削除 ] /
どうも初めまして。
管理人のみ閲覧できます。-さん。

管理人のみ閲覧出来るという、神にも似た特権でコメントを拝見させて戴き、こうして返信させて戴きますが、しかしこの行為は傍目に見れば何だか壁に向かってブツブツと言葉を発している頭の可愛そうな子のようですね。

……何だ、実生活でやってる行為と変わらないじゃないか。

え~、どうやら十八歳から二十五歳に至るまでに劇的に身長を伸ばされたご様子ですが、こういうコメントを拝見しますと「ウィルス進化説」というものを信じてしまいたくなりますね。

……ということは、このままでは僕は首の伸びなかったキリンになってしまう訳で、自然淘汰されるのか……。

まあ、そんな荒木宏彦もビックリな説を持ち出すまでもなく、やはり小さいよりは大きい方が良いに決まってます。
ジャイアント馬場に始まり、ゴジラやエッフェル塔だって、巨大だからこそあれほどの地位を確立出来た訳です。

ただ唯一おちんちんだけは例外でありまして、小さいよりは大きい方が良いというのが通説ではありますが、一方では大きすぎると痛いだとか、アメリカ人のようにただデカイだけで硬度がフニャフニャでは意味がない、という意見もあるようですね、活字の知識によると。
困ったものだ。
かといって、僕のおちんちんが適度な大きさで硬度10のダイヤモンドアームかといえば決してそんなことはないんですけれども。

良く解らない話になってしまったので話を元に戻しますと、またお暇でしたら遊びに来て下さいということです。
それと、十センチ身長くれ。
2005.08.29 (02:44)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。