いつまで経っても他人行儀

--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2005.09.29 → 妖怪図鑑
古くは鳥山石燕から、現代の水木しげるに至るまで、人は妖怪というものに強く惹かれて来ました。
かく言う僕も妖怪大好きッ子を自認しておりますので、暇な日なんかは妖怪図鑑なんかを見て一日を過ごせたりする訳ですが、しかし最早ただ図鑑を見てるだけじゃこの思いは止まりません。
いっそ妖怪になりたい! とすら思っておりますが、しょせん僕は人間です。悠久なる時間の中で形成された、ひとつの文化である妖怪になるだなんて、そもそもが無理な話ですし、仮に民俗学的な観点から逸脱し、お話としての妖怪変化を起こすにしましても、数十年・数百年の時間を要してしまいますゆえ、そこまで辛抱強くない僕は、僕は、そもそも何歳やねん。

そんな抑えきれない、たぎるパッションを何とか鎮めようと苦心してみた結果、そうだ、オリジナル妖怪を考えてみれば良いんじゃないか? という、ゆでたまご的な発想に行き着きました。
そんな訳で、今回こうして皆様に、僕のオリジナル妖怪をお披露目するという運びになったのですが、もう完全にオナニーの域ですので、そこはそれ、いつだってそうじゃないか、という生温かい眼差しで拝見して頂けたらありがたいです。

(今回、僕が描いたお見苦しい絵が挿入されますが、挿入っていう単語だけで僕は勃起出来るから、どうか許して下さい。後、クリックすると大きめの画像で御覧いただけますが、クリックっていう単語も良く考えてみたら何かエロいよね)


『赤面妖怪:長めの頭』

050928_2114~0001.jpg


[生息地]
新潟の方のデパート

[特徴]
パッと見は普通の人間だが、頭部が長めである。
シャイな性格をしているので、長めの頭をジロジロと見ていると赤面し、その後「コラッ!」と小さく呟く。
長い頭はとろろ芋のような肌触りだそうで、触ると手がかぶれるという説もある。
割と細身だ。

[対処方]
取り立てて悪さをする訳ではないので、放置しているのが一番良い。
ただ、デパ地下で試食をするのが大好きなので、もしもあなたが売り子で、彼を鬱陶しいと感じ場合は「何か買えや」とはっきり言ってやると良い。
そうすると、慌てて目を逸らして、2階の紳士服売り場に移動するだろう。


『USA妖怪:天狗もどき』




[生息地]
フロリダ州

[特徴]
天狗のようだが、天狗ではない。
口癖は「えっ? 天狗? いやいや、別に意識してないよ」
天狗に似ているね、と言ってやると、ひとしきり謙遜した後でシャンパンを奢ってくれるそうだ。
基本的に陽気だが、ブラックユーモアが好きなのが困り物。
胸毛が凄いし、肩毛も凄い。
怒ると肩毛の量が1.1倍になるという説もあるが「彼が怒った所? 見たことがないね」と周囲の人々は口を揃えて言うので、真偽の程は解らない。

[対処法]
ワイフと二人の子供を大事にしている温厚な妖怪なので、温かく見守ってやるのが良い。
ただ、どうしても彼をうざく感じてしまったら「てめえ、調子に乗って天狗になってるんじゃねえぞ」と言ってやると良いだろう。そうすると、シュンとして付け鼻を外し、『天狗もどき』からトーマス・T・ジョージになるそうだ。


『霊媒体質妖怪:エクトプラズ魔」

050928_2134~0001.jpg


[生息地]
琵琶湖のほとり

[特徴]
琵琶湖のほとりに、ちょっと前から住み着いている妖怪。
霊媒体質らしく、しょっちゅうエクトプラズム状の物を口から吐き出している。当初はそんな自分が嫌いだったが、最近は「これが自分なんだ」と胸を張って生きている。
一説によると、このエクトプラズム状の物はジャスミンティーのような匂いがするらしく、その匂いで紅茶好きの叔母さんなどを水辺に誘い出すという。
琵琶湖にブラックバスを最初に放流したのは、このエクトプラズ魔だという話もある。

[対処法]
紅茶好きの叔母さんなどを水辺に誘うとはいえ、取って食う訳ではなく、お喋り相手を求めているだけなので、放置しているのが良い。
それどころか、お喋り相手になってあげると、エクトプラズムで卑猥な形の像を作ってくれたりするらしいから、あなたが卑猥な人間ならば、優しく接してあげるのが良いだろう。
ただ、どうしても妖怪なんて必要ないんだよ! と現代の申し子みたいなことを言うのなら、一番の対処法は行政に任せることだ。自治体はいつ動いてくれるか解らないが。
あなたが糸井重里、もしくはバス釣り大好きな人間であるならば、感謝の心を忘れないでおこう。


『冬季妖怪:飛抜鬼(ひばっき)』

050928_2244~0001.jpg


[生息地]
冷えピタの工場

[特徴]
まるでスキーのジャンプ選手みたいな形をしている妖怪。
頭の部分はスキーのキャップのように見えるが、実際は剥き出しの脳味噌である。
冷えピタを造る工場に現れ、時々ラインをストップさせたりするのだが、工場長に「生き別れた息子に似ている」という理由で気に入られているので、特に咎められることはないという。
『飛抜鬼』の後ろに見える、ジャンプ時の効果線のようなものは、彼の産毛が抜け落ちたものである。
一説によると、その産毛を拾うと握力が少し上がるらしい。

[対処法]
冷えピタの工場で働いている者にとっては厄介な奴だが、根は良い奴だし、工場長に睨まれるのも上手くないので、放置しておくのが一番良いだろう。
ただ、どうしても退治したいというのなら、脳が剥き出しの頭部にちょっとした刺激を与えてやると良い。寝たきりになるのを免れたとしても、もう二度と飛抜鬼が空を飛ぶことはなくなるだろう……。


『陰湿妖怪:水の蟲』

(画像はありません)

[生息地]
ここ↓
050928_2349~0001.jpg


[特徴]
とにかく陰湿。
憑依するタイプの妖怪で、これに取り付かれた人は、尋常ならざる痒みを感じるばかりか、仕事や勉強などに集中出来なくなる。
妖怪の世界でも「あいつはやり過ぎ」などという声が聞こえている。
とにかく、存在自体が邪悪である。

[対処法]
一刻も早く退治しなければならない。気をつけるポイントは以下。
・毎日風呂に入る。患部をしっかりと清潔にする。
・患部を風通し良くする。靴下は五本指の物を着用すると蒸れない。
・薬局に行き、自分のタイプ(ジュクジュク? 乾燥?)にあった薬を買う。
・それでも駄目なら病院に行く。
スポンサーサイト
(12:41) その他 / トラックバック(0) / コメント(7) /
Mr,ムーのマジック教室 / HOME / Mr,ムー名言集
ご訪問 桜雪@管理人さん
ありがとうございます♪
またちょくちょく見にきます(^^)
もしよろしければリンクに追加させて
いただいてもよろしいですか?
ではでは♪これにて☆
ドロン☆
2005.10.02 (06:07)/ URL / #dtkV0cAk / [ 編集・削除 ] /
履歴からきました 茉莉花さん
ご訪問ありがとうございました。
オリジナル妖怪 おもしろーい(~o~)
シリーズ化して妖怪図鑑をつくってほしいくらいです。
個人的には 赤面妖怪が好きです。
思わず 新潟のデパ地下までバイトの申し込みに行きそうになりました。
2005.10.02 (12:59)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
進化しすぎた脳 びんちゃんさん
桜雪@管理人さん>

初めましてこんにちは。
ドロン、という擬音を伴って消えている辺りから推察するに、桜雪@管理人さんは忍者の末裔か何かにあたるんだと思いますが、そういうルーツ的なものを大事にするの、僕は嫌いじゃないよ・・・・・・。
くのいちはもっと嫌いじゃないよ・・・・・・どちらかというと大好きです。クナイとか投げられたい。

リンクに追加して戴けるんでしたら、喜んでお願いします。
でも、僕、忍びの物じゃないけど良いの?

茉莉花さん>

初めましてこんにちは。
思わず新潟のデパ地下までバイトに行っちゃおうと思う辺りから推察するに、茉莉花さんは中々のアグレッシブでオッチョコチョイな方のようですが、僕、そんな人間嫌いじゃないよ・・・・・・。
どうぞ、そのアグレッシブさを活かして夢を叶えて欲しいです。
夢は・・・・・・くの一だっけ?

こんな脳挫傷しているような僕のブログですが、また機会があれば覗いて下さい。
2005.10.03 (21:10)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /
うはwww 桜雪@管理人さん
残念ながらシノビではございませぬww
ですがリンクには追加させていただきますね(^^
馴れ初めの話大変でしたね(^^;
うちはそういうことはないですがたまに
じいさんがおばあさんの昔の話をポツリとしようとしますw
あ~ごめんwでかけるから~とか言って逃げますがww
まぁ人生色々ですw
ではでは♪
シュタタタタタタタタ
2005.10.11 (16:23)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
なんつーか、もう腹痛くて。払いたくて。
会社で見なくてよかった・・・

新潟の方のデパートは、意外と人がいない。
みんなスキーしてるからね。
困ったもんだよ。
2005.10.12 (00:51)/ URL / #6elSjn0U / [ 編集・削除 ] /
不貞寝してた びんちゃんさん
桜雪@管理人さん>

こんにちは。
wwっていうのがおっぱいに見えて仕方ありませんが、多分僕の目は腐ってる。

えー、桜雪@管理人さんは、
「この鎖かたびらには、先祖達の髪の毛が縫い込まれているのだッ!」
とか言いながら、キーボードをパチパチやってるのかと勝手に想像してたんですが、どうやら完全な早とちりだったようで、申し訳ありませんでした。

ただ、最後の消え方(シュタタタタタ)が完全に忍者走りのそれなのがどうにも解せませんが、良く考えたらそんなことどうでも良いよね。
だって、僕は殿様じゃないもの。

リンクに追加ありがとうございました。
宜しければこちら側からも桜雪@管理人さんのブログをリンクに追加させて戴きますが、余計なお世話だったら言ってください、ニンニンって。

KPさん>

今回はオリジナル妖怪を考えていただけませんでしたが、後々はゆでたまごばりにプレイボーイ辺りで漫画を連載したいと考えてますので、その節はどうぞ宜しくお願いします。
新潟の方のデパートには実際のところ行った事ないんですが、スノーボードが全盛のこの時代に、新潟の人々はスキーばっかりしてますか。
そういう流行に左右されない気質が、きっと妖怪文化を育むんでしょうね。
うん、大好き、新潟!(行った事ないけど)
2005.10.14 (22:15)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /
ありがとうございます(^^ 桜雪@管理人さん
リンクに追加していただけると嬉しいデス♪
残念ながらくのいちではございませぬがw
ああwでも昔はあこがれましたね(^^
あの水の上歩くのとかwやってみたいw
そういえば忍者選手権ってあるんですよねw
出場資格は忍者の末裔及び自称忍者wおいおいw
自称でもいいのかっwと思わず突っ込みを入れたくなるところでございますw
いつか出てみようかなとちょっと思ってる今日この頃ですw
ではではこれにて♪
くるるん♪
2005.10.16 (07:06)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。