いつまで経っても他人行儀

--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2005.12.23 → 目指せ! 一休さん!
とんちだけで世の中を渡っていきたい! と、僕は常日頃から思っておりますので「リスペクトする人は誰ですか?」と問われれば、即座に一休さんであると、こう答える腹積もりな訳ですが、しかし誰からもそのような質問を受ける気配がないばかりか「血液型は?」とかそんな感じの、死ぬ程どうでも良い質問すら誰もしてくれないので、僕は寂しくて死にそうです。グスン。
では、寂しさが煮詰まった結果訪れる死というのは、具体的にどういうものなのかと申しますと、自分で自分の手首を噛み千切るという、それはそれは壮絶な物のようです。是非とも、楳図かずお先生辺りに劇画化して貰いたいものですね。

さて、そんな小粋なブラックジョークが大好きな僕は、一休さんに憧れて、一休さんのようになりたいと、今まで様々な努力を積み重ねて来ました。
例えば……

・テルテル坊主に母親を投影してみる(実家暮らしなので難しい)

・「慌てない慌てない、一休み一休み」と言いながら女性に土下座してみる(若干興奮する)

・屏風から虎を出すと意気込んでみる(最終的に自分で虎の物真似をしました。ガオー!)

などなど、数え上げれば全くきりがない始末で、オープニングテーマの「好き好き好き好き好き好き、愛してる」なんてフレーズを、皆が軽い気持ちで歌っている中、僕は誰よりも本気で彼を愛し、力一杯歌を歌い、歯茎から死ぬくらいの量の血を出す所存です。

一休さんの魅力といえば、やはりその見事なとんちに尽きるといえまして、例えば有名な「この橋渡るべからず」なんていう無理難題にも、奇跡としか言いようのない解法「橋の真ん中を通る」を弾き出し、見事に乗り切ります。またそこに至る過程も素晴らしく、頭に少し唾をつけ、座禅を軽く組むだけで、天才的なとんちが飛び出してくるだなんて……お前はスーパーコンピューターか! とそりゃ将軍様も思わず言いますし、僕も喉から大量に出血するまで言いました。
「お前はスーパーコンピューターか!」

そんな訳で、いつの間にか全身から血を垂れ流している僕は、タイピングする度に意識が遠くなっていき、キーボードにべったりと血糊を付着せしめる格好になっている訳ですが、丁度血が止まらないように、一休さんへの強い憧れもまた止まることがありません。僕の一休さんへの熱い思いは、心臓の鼓動が停止したその時にだけ止むのです。

さて、以上のような憧憬の念が膨らみつづけた結果、その当然の帰結として、僕は少しでも一休さんに近付きたいと、こう考える訳ですが、ではその為には一体何をすれば良いのでしょうか?
早速頭に少量の唾をつけ、座禅を組んでポクポクポクポクと解法を考えてみたところ、尋常じゃなくエロい妄想(例:エロい形の野菜を、叶姉妹が泥まみれになりながら食べている)が浮かんでは消えする中、一休さんのアイデンティティーとは「とんち」であり、彼に近付くということは「とんち馬鹿になる」ということなのだと気付きました。

なるほど、よーし! 俺はとんち馬鹿になるぞ! と僕は決意の咆哮をあげまして、早速とんちで万事物事を解決してやろうと、部屋の中をうろうろし始めました。しかし三十分ほどして気が付いたのですが、どうやら普通に生きている限り、とんちで解決するような無理難題というのはなかなか身に降りかかるものではなく、現実を鑑みてみますと、例えば突き指をしたとか、眉毛の処理に失敗したとか、そのような極めてリアリスティックでつまらない事柄が、我が身に降りかかる難事の大半を占めます。

しかしここで諦めてしまっては、とんち馬鹿になるという僕の決意が余りに脆弱なものであったことが露呈してしまいますので、頑張って再び座禅を組み直し「とんちを使うにはどうすれば良いか?」という難問を、とんちを使って考えました。その結果導き出された答えは、ネット上に救いを求める以外にない、という極めて打算的なもので、まあ確かに現実はそんなものだよねー、と僕は語尾上がりに呟きました。

以上のような過程を経て、今回こうして「僕だらけのとんち大会」が開催される運びとなりました。この大会は完全に僕の僕による僕だけの感動を目的に開催されておりまして、ある種のオナニーですが、まあでも考えてみれば毎回似たようなもんだよな、という「居直りのとんち」で無事解決させて戴きました、どうもありがとうございます。
では、早速始めさせて戴きますが、よろしければ皆様も「自分だったらこんな風にとんちっちゃうな(とんちをしちゃうな)」なんて感じで、是非とも勝手に参加して下さいね。


『第一回 僕だらけのとんち大会』

[ルール]
僕がとんちでズバズバ世の中の悩みを解決していきます。
では、とんちの元となる「お悩み」は一体どのように選出するのか?
この人間関係が希薄になった現代では、人は自分の悩みを誰かに明かすことなく、ひっそりとネット検索し、解決法なり、似た症例なりを探して、落ち着こうとするはずです。
その観点から、当ブログ「いつまで経っても他人行儀」へと、「検索サイト」を通して辿り付かれた方々が残していった「サーチワード」の中から、よっぽど切羽詰って検索したんだろうな……というものをピックアップさせて戴くという方法を取らせて戴きます。

では、早速始めさせて戴きます。

[一人目のお悩みワード]
乳首 肥大 男 (開設以来、12人がアクセス)

[ずばり解決! 僕のとんち]
ポクポクポクポク……チン!
どうやら、あなたは乳首肥大願望のある男性のようですね。
いえいえ、世の中には様々な性癖・考え方の人がいらっしゃいますから、何も己を恥ずかしがることなど御座いません。そもそも、肥大させたいという願望ならば、世の八割の男性が持っているものです。あなたはただそれが乳首だったというだけ。ちなみに、普通の人は筋肉を肥大したがるので、そこは勘違いすんなよな……。
最後になりましたが、僕が精一杯考えたとんちを聞いて帰って下さい。

「お前は一生洗濯バサミで乳首を挟み続けてろ!」

では、さようなら。


[二人目のお悩みワード]
彼女 他人行儀 (開設以来、2人がアクセス)

[ずばり解決! 僕のとんち]
ポクポクポクポク……チン!
どうやら、あなたは彼女から他人行儀な扱いを受けているようですね。
一体どのような経緯でそうなってしまったのか……僕には知る由もありませんが、他人行儀な扱いというのは、他人以上友達未満、例えるならばバイト先の人間関係みたいなものですから、ひょっとしたらその女性を彼女だと考えているのはあなた一人なのかもしれませんね。
では、そろそろ僕のとんちを聞いて帰って下さい。

「恋愛というのは、一人では出来ません。一人で出来るのは折り紙くらいだから、家帰って鶴でも折ってろ!」

では、さようなら。


[3人目のお悩みワード]
美智子様 パンタロン (開設以来 1人がアクセス)

[ズバリ解決! 僕のとんち]
ポクポクポクポク……チン!
どうやら、あなたは美智子様に並々ならぬ関心をお持ちのようですね。
天皇の嫁という、この日本では最も遠い存在である美智子様。
その美智子様にパンタロンという組み合わせとは……心の闇を感じざるを得ません。その闇というものが一体どういう類のものかは、各自勝手に考えて戴く方向でお願いしますが、しかしパンタロンなんて西条秀樹すらもはや履いてねえよ、この野郎。
では、好い加減僕のとんちを聞いて帰って下さい。

「美智子様が履いたパンタロンという触れ込みの品をネットオークションで63万円くらいで落札して、ひとり悦に入ってろ!」

ではさようなら。


[4人目のお悩みワード]
背が伸びる方法 (開設以来、4人がアクセス)

[ズバリ解決! 僕のとんち]
ポクポクポクポク……チン!
先ず、あなたにありがとうを言いたいと思います。
「生まれてくれてありがとう」
そして、今まで良く頑張りましたね。
「もう、あなたは一人じゃないんだよ……」
この背が高ければ良いという風潮に負けず、強く逞しく生きて来たあなたは、気付かぬうちに、背が高い野郎共が決して得ることの出来ないものを獲得しているのです。そう、「優しさ」という簡単には得がたいものを……。
それでは、僕のとんちを聞いて下さい。

「背が伸びる方法は僕が知りたいくらいですので、その点ではお答え出来ません。僕に出来るのは、あなたの人生に幸運があるように祈ることくらいです。どうぞ、頑張って生きていって下さい」

それでは、また会いましょう。


スポンサーサイト
(01:35) その他 / トラックバック(1) / コメント(3) /
マスコットキャラ / HOME / 米神転生
 gegeさん
まさに外道!!
2005.12.24 (05:26)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
見始めて、十五秒で笑ってしまいました・・・(^_^)
これからも、楽しく見させてもらいます。
よろしくお願いします。
2005.12.25 (22:32)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
人間 びんちゃんさん
今気づいたけど、坊主ネタ2連発じゃねえかよ、この野郎!

gegeさん>
そういう一言で良いから、皆もっと書き込みしてくれても良いと思うんだ……。
漫☆画太郎先生の「地獄甲子園」は絶賛発売中だよ!

一騎(カズキ)さん>
どうもこんにちは。
自分のHNにちゃんとフリガナを宛てる辺りや、笑った秒数をきっちり計測している辺りに、とても几帳面な人で、ミカンとか食うときにも繊維とかきっちり取るタイプだとお見受けしましたが、僕のプロファイリングなんて死ぬ程どうでも良いし、意外とミカンの繊維だって食べれるんです!
またどうぞお暇でしたら宜しくお願いします。
2005.12.27 (00:32)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

▼ 一休さん
一休さん一休さん(いっきゅうさん)は臨済宗の禅僧一休宗純の愛称。主に、その生涯に様々な説話を残した事から江戸時代に説話が作られ、頓知|とんちで有名となる。昭和の中頃まで、絵本の童話の題材、紙芝居の題材として良く用いられていた。特に、屏風
ちひろの日記 / 2007.06.14(14:22)
HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。