いつまで経っても他人行儀

2006.04.10 → 閉じ匣
精神的な意味合いで申しますならば、僕は貴族に他ならず、それは高潔なる意思のもと、他者と群れることを拒み、孤独を愛で、ひとり優雅に休日を家屋の中で過ごし、「うん、別に友達とかいなくても全然平気」みたいなことを、鏡に映る己の虚像にボソボソと語りかけている辺りからも推察出来ようかと思いますが、しかし今は出会いの季節、春――流石に、貴族階級である僕であろうとも、多少は人を恋しく思うというもの。

でありますから「友達欲しい……マジで友達欲しい……」と、まるで熱病に冒されたように呟く毎日を、僕はここ数日過ごしておる次第でありますが、よもや貴族である僕が大衆に迎合出来よう筈もありませんし、他人と接しますと「体中が痒くなる」という、貴族、あるいは自閉症の子にありがちな病気が発症いたしますゆえ、現実問題として友達を作ることは難しく、後、僕はどっちかっていうと後者なんじゃ? という可能性も、一概には否定出来ません。

でも、そんな、貴族改め自閉症の僕だって、友達と青春を謳歌したい! という思いは留まらず、他人と接する度に体中が痒くなるのだって、痒み止めの塗り薬を体中に塗る、それが駄目なら、裏地に針状のものがびっしり付いた衣服を着る、などの対処法を用いれば何とかなるのではないか……青春は一度きり。いつまでも孤独が好きだとか、そのようなことを嘯いてばかりはいられない……よーし! 友達作るぞー!

斯様な思考を経て、僕はこの春、遂に友達作りに動き出そうかと思っておる次第ですが、では、友達の定義とは何か? と、言葉遊びが大好きな僕と致しましては、この際その辺りを明瞭にさせておく必要がありますので、今さっき、卑猥な単語のみに赤丸がなされております辞書を引いてみましたところ、友達とは「一緒に勉強したり仕事をしたり遊んだりして、親しく交わる人」という結果が出ました。

なるほど、一緒に遊ぶ人が友達なのか……。……おや? ということは……? ひとり遊びが大好きな僕の友達は、すなわち僕自身に他ならず、青い鳥とは良く言ったもの、驚くなかれ、僕は気付かぬうちに、実は既に僕という友達を獲得していたのです! やったー! これで僕も「休日は何してるの?」なんてどうでも良い質問を誰かから受けても「友達と遊んでます」なんて答えることが出来るぞー!

という訳で、僕にも遂に友達が出来ました。彼ったら、たまにニヤニヤしてて気持ち悪いし、発する言語の八割が卑猥な単語で形成されてて気持ち悪いし、裏地に針がびっしりついた衣服を着ていて気持ち悪いけれど、それは僕にだって多少そういう節はあろうかと存じますし、そもそも僕は別に、気持ち悪い・気持ち悪くない、という観点で友達を選んでおらず、あくまで「友達」という言葉の定義に従った結果、彼と友情を育むことになったのであります。

後、多少気持ち悪いくらいの方が、相対的に僕が引き立つという打算も少々ながらあったことを告白して、今回は話を終わろうかと思っておりますが、最後に一言述べさせて戴きますと、別に僕は狂っておりませんし、狂ってるのは世界の方ですので、どうぞその辺りは誤解の無きよう、よろしくお願い致します。好きな言葉は「自分」でーす!
スポンサーサイト
(00:08) 日記 / トラックバック(0) / コメント(7) /
鳥目のメモリアル / HOME / 最強列伝
ええ~と発する言語の八割が、卑猥な単語で構成されているとなるとどうやって日常生活を行っているのか?警察に補導されないのか?
と考えていましたが、特定のこと以外のことを考えられないので、2、3ふんで挫折しました。誰か助けてください。
2006.04.11 (17:56)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
大丈夫。
みんな大好きキャプ〒ソ翼も言っている。



「ボールしか、友達いないんですよね・・・」



♪ろくなもん喰ってな~い
 上野公園の鳩の方が飯喰ってる~
2006.04.11 (22:49)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
髪切るの失敗した びんちゃんさん
GAINさん>

こんにちは。
GAINさんは現在、特定の事以外考えられないとのことですが、その特定の事というのは「自閉症の正式名称について」なのでしょうか? それとも「高速で走ってる車の窓から手を出すと、女性の胸を揉んでる感覚が味わえるのって、本当?」という事柄に対してなのでしょう
か? 仮に後者だと仮定させて戴きますと、「まあ、ある程度は再現出来てるんじゃないかな……? 僕もおっぱいとかちゃんと触ったことないから良く解らないけど」という最低な答えになりますので、どうぞご参考までに。

ちなみに、発する言語の八割が卑猥な単語で形成されてたら、警察に捕まるんじゃ……? という疑問に対しましては、警察も人の子、「すまんこ」とか言ってたら割合に許して戴けますので、その辺りもどうぞご参考までに。どの辺りが卑猥かはここでは不問と致します。


KPさん>

こんにちは。
キャプテン翼における僕の好きなキャラクターはロベルトでありまして、好きなシュートはバナナシュート、好きな石崎君はベンチに座ってる時の石崎君、好きなキャプテン翼の巻数は14、好きな高橋陽一先生は直ぐ打ち切りになったボクシング漫画「チビ」を描いてる時の高橋陽一先生です。これからもどうぞ宜しくお願い致します。
2006.04.13 (03:16)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /
こんにちは。話し相手もおらず、すっかりネット依存症に陥った僕がパソコンを手放したらどうなるか。

そんなマゾヒスチックな好奇心も手伝い、ふとした気の迷いでパソコンを修理に出したところ、冗談でも何でもなく、こないだ熱が出ました。

ひゃっほおーい! なんで生きてんのかなあ俺!
2006.04.14 (20:17)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
 びんちゃんさん
みやたさん、こんにちは。

――――――――――――――――――――
「生きとし生ける全てのものは、皆ネットから生まれた」という一説が、旧約聖書の創世記のくだりに見受けられることから、僕たちが住まうこの世界の根幹を成すのはインターネットであり、インターネットがなければこの世界はそもそも存在せず、そこにあるのは虚無であり、母なる海としての存在インターネットに一日でも触れない日があれば、人は死ぬ――あるいは存在自体が(過去にその人が居たのだという痕跡すら)消滅するのだと、今までこの世界ではそのように考えられておった訳ですが、ここで衝撃的な事実を皆様にお伝えいたしますと、人は何日かインターネットを絶ってみても、死にませんし、消滅もしません。

「そんな馬鹿な……」とブラウン管越しに騒ぎ立てる皆様の顔が目に浮かぶようですが、これは厳然たる事実であり、それは僕がここ数日、今更感が漂う「ドラクエ8」を熱心にプレイしておったせいで、幾日かインターネットに接続していなかったにも関わらず、こうして生を謳歌していることにより、立証されます。

―――――――――――――――――――――

以上は、僕が過去ドラクエに没頭しておった折に書きかけていた文章でありまして、この後の展開が全く思いつかず、お蔵入りになったものですが、このたび、みやたさんへの返信に用いるという形での供養が成立し、更には「確かに死にはしないけれど、熱は出る」という、新たな都市伝説がみやたさんの身体より生まれ出でたことで、過去の僕も浮かばれようというもの。きっと、彼(死にはしないけれど熱は出る都市伝説)は過去の僕の生まれ変わりに違いなく、そういえばどことなく、目元なんかが似てる……。

ちなみに、上記の話の落ちを今適当に考えたところ「僕は中学生の頃に死んでおり、現在はリビングデッドなので、ネットに接続してなくても生きていられました。ただ、死にはしなかったけど、片腕はもげた」的な感じになりました。ジョージ・A・ロメロの次回作「ゾンビ・オブ・ネット中毒」にどうぞ御期待くださーい!
2006.04.17 (01:58)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /
 一週間ほどネットをせず、ゲームに没頭しており「あれ、もう僕らは旅立てたのでは?」と思いましたが、ネットとは恐ろしい物です。
 友達にブログのことを話すと、「その人頭大丈夫?」と聞かれ、「大丈夫だ。あの人は正常なひ・・・と・・かな?」という風になります。大丈夫です・・・よね?
 
2006.04.18 (22:54)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
マザー3発売 びんちゃんさん
一騎さん、こんにちは。
返信が遅くなってしまい、どうも申し訳御座いません。

さて、お友達にブログのことを話すと、「その人頭大丈夫?」というお返事が帰って来るとのことですが、そのブログというのが、はたして当ブログのことを指していらっしゃるのか、はたまた一騎さんがお持ちのブログなどを指していらっしゃるのか、その辺りがはっきりしないことには、僕もうまいこと返答が出来かねますが、「大丈夫ですよね?」などと疑問系で訪ねられているところから察しますに、恐らくは前者。
でありますならば、僕の頭は至極正常だとしか言いようがなく、後、小学校低学年程度の読み書きが出来る知力も御座います。

もしも、また、そのお友達がそのようなことを仰られた時には、僕が「コラァ! そんなこと言う奴は(一騎さんが)頚動脈を食い千切るぞ!」と言ってた、と仰って戴くように、最後にお願い申し上げます。
2006.04.24 (03:17)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm