いつまで経っても他人行儀

2006.05.24 → 五月病
五月病という奴でしょうか、最近めっきりとやる気が起こらず、何に対しても無気力で、衣服を着るのも面倒臭く、必然的にこの一月余りを全裸で過ごしておる僕ですが、流石にこのままですと、近所の暇な主婦にヒソヒソと噂されたり、近所のコンビニの店員に「肌色」なんてあだ名を付けられたり、近所の残酷な子供達に石を投げつけられたりしかねず、これは即急に何らかの然るべき対策を取る必要があるのではないかと考えます。

解決策の具体的な方向性としましては、今二秒ほど熟考してみたところ、僕が衣服を着用するか、社会人が全員全裸になるか、その二者択一だと考えられますが、僕が衣服を着用するのは、五月病だから先ず無理であり、かと申しまして、社会人全員に全裸のムーブメントを起こすには、僕は余りにも矮小で脆弱な存在でありますので、この方向性も却下されます。もしも……僕がもしも小泉総理ならば、全裸でCMに出ることにより、日本国民に全裸への回帰を促すなどの方策も用いれるかと存じますが、全くもって僕は僕であり、小泉総理ではありませんので、残念ながらこのプランは、完全なる、絵に描いた餅。深く己の力不足を恥じ入るばかりですが、ところで、上記のプランの場合、CMのバックミュージックには、勿論、X-JAPANが採用されます。

斯様な訳で、早速行き詰まってしまった僕、並びに今回のお話ですが、これはだいたい僕の中における王道の展開、ジャンプシステム的に申しますと友情・努力・勝利であり、経験則から述べさせて戴きますと、僕はこのような追いつめられた状況下において、往々にして真の力を発揮します。また、このような場面においては通常では考えられない程の力が発揮されることも稀にあり、ざっと今までの劇的な解決策を振り返ってみますと、過呼吸で倒れる、唐突に気絶する、爆死する、など。「窮鼠猫を噛む」とは良く言ったものですが、なるほど、自分自身を噛もうとする僕は、窮鼠であると同時に猫でもあり、これはつまり永遠なる循環系、永劫回帰、ウロボロスをここに体現しているといえます。

さて、自然に対する怖れとは、我々人類の遺伝子に刻み付けられた、殆ど根源的な恐怖だといえます。太古の人類にとって、自然とは余りにも強大な絶対者であり、畏敬の念を持ち、接するべき存在だったからです。しかし、人類は科学をその手中に収めた時から、横暴にも自然を敬う心を忘れてしまい、あまつさえ自然を隠蔽しようとし、遂には駆逐さえ……。しかし、それは結局、自然に対する恐怖心に突き動かされた行動であり、人々は仮初めの勝者を気取ることで、心の安寧を得ようとしたに過ぎないのです。
全裸は、原始の人類を彷彿とさせます。そして、それは、人々の心の中に眠る、自然に対する畏怖の念を、揺さぶり、喚起させます。この見地からいえば、上記に述べたように、全裸の僕が近所の人たちから、悪辣な手口によって迫害されるのも、あるいは無理からぬことなのかもしれません。

以上を踏まえ、解決策の結論を導き出しますと「解決もなにも、僕は全裸のままで良い」ということになります。人々が僕を迫害するのは、僕(そして、その背後に見え隠れする自然)を怖れる故であり、つまり彼等は、圧倒的に、弱者。強者である僕は、何ら恥じ入る必要もなく、堂々と全裸で外出し、人々に自分自身の傲慢さを思い知らせ、人間も自然の一部であることを突き付ければ良いのです。後、綺麗な女性達に次々と視姦され、口汚く罵られるという、副次的な産物として、僕は徐々に昂ぶりを覚えます。そして、最終的にインフィニティを迎えますので、世界はやがて完結し、五月病もそのうち治ります。良かったね。
スポンサーサイト
(03:15) 日記 / トラックバック(0) / コメント(6) /
マロビーの飼い方 / HOME / 代打日記(カナダ人編)
全裸よりも、全裸+ブラの方が興奮できます。だから、女性にはブラの着用を義務付けて下さい。
あと、全裸で外出したびんちゃんがTVに映されて生放送でもないのに股間にはノーモザイクだったり、近所の子供に股間を指指されて「どうしてお兄ちゃんは裸なのにここだけ服を着ているの?」とか聞かれても、強く生きて下さい。
2006.05.24 (14:36)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
スケスケスー 凄い電球さん
5月は元々ないやる気が更になくなる月ですよね。あ、そうだ、今日新世界界隈でおばあさんと喧嘩してたのがびんさんですか?「くっさいねん、お前くっさいねん!」と連呼してた男の子ですか?

‥臭かったの?
2006.05.25 (00:48)/ URL / #bNXzFvzo / [ 編集・削除 ] /
虎と狐 一騎さん
 私も五月病に限りなく近いけど、あれ?これそんな病気じゃなくね?みたいな症状になりました。まぁテンションはそれなりにあったので、難を逃れましたよ。
2006.05.26 (18:07)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
シャバダバダ改革 みやたさん
なんか今の時代、全裸で街中を闊歩するぐらいでは、女性は罵ってくれないらしいですよ。
罵声を浴びるにもお金が必要なんですって。
がっかりですね。
2006.05.27 (12:49)/ URL / #DzVePD6I / [ 編集・削除 ] /
風邪ひいた びんちゃんさん
ぼうしさん>

こんにちは。
今回の返信に関しましては、全裸+ブラの組み合わせは興奮度が上がることですとか、もしも僕が首相になったらの「もしもシリーズ」ですとか、焦点とすべき点は幾らかあろうかと存じますが、あえてひとつに絞込みますと、最後のフレーズに関してであり、端的に述べると「僕のは子供が見たら泣くレベルで、後、いつも寒そうに震えている。まるで子猫のように・・・・・・」ということになり、ニャーニャーと鳴いてうるさいので、どうか拾ってあげてください。集に三回ほど餌を頂ければ、割とおとなしいです。


凄い電球さん>

こんにちは。
お察しの通り、その日その時その瞬間、老婆に向かって「くっさいねん! お前くっさいねん!」を連呼していたのは、恐らく僕です。しかし、電球さんはひとつだけ大きな勘違いをなされているようですので、訂正させて戴きますと、僕が「くっさいねん! お前くっさいねん!」と連呼しておったのは、実は老婆ではなく、僕のおちんちんであり、逆説的に述べますと、僕のおちんちんは老婆そっくりである、という理論が成り立ち、そのため、毎月幾許かの年金が支払われ、僕はそれで細々と生活しています。


一騎さん>

こんにちは。
どうやら一騎さんも五月病に限りなく近い病気になられたそうですが、症状を勝手に推察させていただきますに、恐らくおちんちん周りに異変が生じたものでは? と、これは聞いた話ですと、一般的には「性病?」ですとか、何かそのようなニュアンスで呼ばれておるものだそうで、とてもテンションだけで乗り切れるものでは無く、適切な治療、早目の通院が望ましく、後、一般的にこういう感じの返信を、下ネタと申します。どうもスイマセーン!


みやたさん>

こんにちは。
実は、僕がみやたさんの書き込みを見たのは、本日の午前であり、僕はその時「まさかそんな馬鹿なことがある訳がない」と、みやたさんのことを、正直に申しまして、小馬鹿にしたように、鼻で笑いました。
そして、その余りに馬鹿馬鹿しい論説に反論するため、行動主義者である僕は、全裸で街頭を闊歩致しました。
すると、どうでしょう。みやたさんの発した言説を体言するかのように、女性達は僕を罵らず、無視し、あまつさえそこに僕が存在しないかのように振舞ったのです。

……そんな僕を唯一認めてくれたのが、今お世話になっている、留置所の職員のゲンさんです。確かにお金が無ければこの世の中、立ち行きませんが、でも、それだけじゃない……愛は確かにあるんだよ、と彼は教えてくれました。そして、驚くなかれ、つい先ほど、私、彼からプロポーズされてしまいました! 返事は勿論、OK。
これも全て、みやたさんのお陰! 来年の結婚式には、是非来てくださいね!
2006.05.28 (22:53)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.05.31 (23:19)/ / # / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm