いつまで経っても他人行儀

2006.07.28 → BIGマン
わたくし、自分の身長を伸ばすことに関しましては、ちょっとばかり人よりも熱心であるという自負をもって生きておりますので、例えば後15センチほど身長が伸びると言いますならば、綺麗めな女性の老廃物くらいならば喜んで食べますし、軽い犯罪行為(つり銭泥棒)くらいならば辞さない構えですが、なかなかそういった行為を現実に行ってみたところで身長が伸びる筈もなく、まあ他社との距離ならば多少は広がるかもね! なんつう感じで。ところで、僕は今「僕、今、うまいこと言った」と少なからず思っておりますが、その結果として、皆様との距離をこれ程までに広げることとなりましたのは、誠に痛恨の極みであり、これからはこのようなことが二度とないよう、再発の防止に全力を持って務める所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、先日のことですが、全身の筋肉という筋肉を弛緩させながら、簡単に申しますとダラダラしながら、深夜にテレビを視聴しておりましたところ、NHKにおいて「恐竜はなぜ巨大化したのか?」というような趣旨の番組を放送しておりました。僕は上記のように「巨大化」というようなワードに滅法弱く、憧れの病気は巨人症、好きなガリバーは大きくなった時のガリバー、嫌いなガリバーはそれ以外のガリバー、というくらいに自らの巨大化を願っておりますので、これは身長を伸ばす何らかのヒントになるのではないかと、興味津々で番組を視聴致しました。

番組によりますと、恐竜が巨大化した原因は、「ある時期、何らかの原因によって、大気中の二酸化炭素濃度が著しく上昇した結果、餌となる植物の栄養密度が薄くなってしまった。そのため、恐竜は大量の植物を食べる必要に迫られ、胃腸とそれに付随する形で体を大きくせざるを得なかった」と考えられているそうでして、つまりはこのお説を信じますならば、空気中の二酸化炭素濃度を上昇させていけば、僕の身長も伸びる。そこには確かに、爬虫類と哺乳類という体の構造上の違いはありますが、まあでも、僕が身にまとっている空気感なんかは、イグアナそっくりだし……なんつう感じの仮説で、空気中の二酸化炭素濃度を上げていけば、これはもう間違いなく僕の身長は伸びるのです!

というわけで、早速このお説を実証しようと、僕は部屋の隙間という隙間をガムテープでみっちりと塞ぎました後、大量に買い込んでおいた練炭に火を点しました。そしてゆっくり布団に潜り込むと、僕は身長が伸びまくって、「君、雰囲気がイグアナそっくりで超クールだね」みたいなことを女性に言われている自分を想像し、うっすらと微笑みを浮かべながら、静かに息を引き取りました。享年、22歳だったと言います。

―――――――――――――――――――――――――

【今日のワンポイントアドバイス】

練炭が出すのは、一酸化炭素だよ!
ドライアイスや炭酸飲料に含まれるのが、二酸化炭素だよ!
そして、田原俊彦の口から吐き出されるのが、ビックな発言だよ!

どれもこれも、空気中の濃度が高くなってしまうと死んでしまうよ。気をつけて!
スポンサーサイト
(17:43) 日記 / トラックバック(0) / コメント(5) /
ウェディングロード / HOME / 代打日記―テトリス編―
びんちゃんさんは自分の身長にコンプレックスを持っていられるようですが、昔から「寝る子は育つ」といわれています。
以前からびんちゃんさんはそういう生き物なのかなあ?と思うぐらい何度も永遠の眠りについているので、そのうち「ぬふ~ん」という生暖かい吐息のような効果音とともに、骨が肉を突き破るぐらい背が伸びることでしょう。

僕も突き破ることを心の底から願ってます、頑張って下さい。
2006.07.29 (00:14)/ URL / #Ed0ZGTvE / [ 編集・削除 ] /
町田康に嫉妬する毎日 みやたさん
僕の身長は、あの山本KID徳郁と同じぐらいのようです。
もっとも各パーツのバランスは、ネコ科と偶蹄類ぐらい違いますけどね。

大体、僕の上唇の辺りが、KIDのアゴ先になると違うかなあ。
2006.07.29 (13:25)/ URL / #DzVePD6I / [ 編集・削除 ] /
ウィルス怖いウィルス怖い びんちゃんさん
ネコパンチさん>

こんにちは。
「死んでは生き返る」という構図の奇跡は、遥か昔、イエスキリストの時代より脈々と存在するものですから、ここ最近では、僕がそれを幾ら体現してみせようとも、誰も僕のことを「聖人」だとか呼んでくれないんですよ、グスン。
しかし、ネコパンチさんのお説を信じますならば、これはこれで結果オーライ、僕は死という眠りを経た結果、骨が肉を突き破るくらいの速度で身長を伸ばすことが出来るのですね!

「なるほど、では早速……」

僕が騙されていたことに気が付いたのは、近所の子供達から「ガンタンク」などと呼ばれるようになった頃だった。


――もう古いとは言わせない! 現代の奇跡一覧――

・ブログを毎日更新する。
・全身の毛穴からお醤油をポタポタと垂らす
・胸筋がまったく無いにも関わらず、胸をピクピク動かす。


みやたさん>

こんにちは。
山本KID選手と申しますと、「神の子」を自称されておることで有名ですが、僕の貧弱な英語力を総動員しましたところ、確かKIDの日本語訳は「子供」である。
この事実に照らしますに、山本KID選手はあくまで「山本さんの子供」であり、決して「神の子」とはなり得ず、本来ならKID選手はホラ吹き呼ばわりされるべきであり、「お前の父ちゃん山本!」みたいな感じの暴言をもっと皆から吐かれるべきなのである、と僕は考えます。うん、そうだね。

――僕が選ぶ山本KIDトップ3――

3位:オリンピックの金メダル獲得を宣言した時の山本KID
2位:姉二人に欲情してる時の山本KID
1位:嫁に「筋肉が付きすぎて気持ち悪い」と言われた時の山本KID
2006.08.02 (02:55)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /
そうか。。。この発せられてたオイニーは一酸化加齢臭だったのか...

びんちっちはダイナソーを目指しているそうだがそれは止めた方がいい。
奴らは尊敬を知らない愚か者だからな。。。
尊敬なきものに繁栄はないッッッッ
2006.08.02 (23:34)/ URL / #6elSjn0U / [ 編集・削除 ] /
足首を捻った びんちゃんさん
KPさん>

どうもこんにちは。
まさか、KPさんも僕と同じ番組を御覧になっておられたとは……これは最早、偶然ではなく、東京←→大阪間という長距離を超越する、『引力』のような力の作用によるものだと考えられる訳でして、もうちょっと具体的に踏み込んだ物の言い方をすると「NHKは凄いなー」

ところで、SBRの次の新刊が一体いつ発売になるのか、そろそろなんじゃねえの? などと、わたくし非常に気になるところなのですが、それと同時にわたくし将来的に情報弱者を気取り、国からお給金? のようなものを給付して戴こうと考えておりますので、ここは辛抱と我慢。耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぼうと思っておりますので、どうぞMixiとかでこっそり教えて戴けるよう、よろしくお願いします。
2006.08.03 (23:52)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm