いつまで経っても他人行儀

--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2006.08.16 → 五十周年だよ、Mr,ムー
わたくし、本日より一週間ほど、諸事情により東京に滞在しなければならないのですが、到着して二時間余り、既に凄く凄く大阪に帰りたく存じまして、その著しく強力な帰巣本能の結果、現在、個室がある漫画喫茶に入り浸る状況に陥っております。あー、凄い落ち着く。まるでお家に居るみたい……。

東京ではパソコンが使えない状況に陥ることが予測されますので、毎日更新がモットーの当ブログ、非常に残念ながらしばらくの間の更新、および返信が停止致します! ですが、それは別に僕が死んだとか、そういう訳でなく、まあ観念的な意味合いで申しますれば、別に死んでいると考えて戴いても一向に差し支え御座いませんが、一応肉体は死んでおらず、それどころか元気一杯「大阪へと帰りたい! 帰りたい!」というような事柄を、叫び、嘆き、悲しみ、そして腐敗を始める。そう、実は僕は肉体的にも死んでいたのです。おや? ということは、ここは東京ではなく、天国……?

――――――――――――――――――――――

そんな訳ですので、当ブログのマスコットキャラクター、Mr,ムーのインタビューでも御覧下さい。


『特別企画! 芸歴五十周年突破、Mr,ムー特別インタビュー』



【Mr,ムーとは】

昭和が生んだ悲劇の天才マジシャン。
幼少の頃より「気に入らない子を神隠しに遭わすマジック」などを操り、デビットカッパーフィールドの生まれ変わりだと噂された。
戦後直ぐにデビュー。一時は大変な人気を博すが、爪の甘皮の部分からプルトニウムを出すマジックを考案し、逮捕される。
その後、長らく表舞台からは姿を消していたが、平成八年、岐阜のローカル番組「朝から☆いっちょ脂肪を揉んでやりまっしょい!」のワンコーナー「お前らの内臓を見せてみろ!」に出演し、奇跡のカムバックを果たす。コーナー自体は三回で打ち切られるが、以来、Mr,ムーは年に1・2回程度の公演を精力的にこなしている。女性とお金が大好きな69歳。


――本日は宜しくお願いします。

「よろしく」

――今年でMr,ムーさんは芸歴五十周年をお迎えになられるということですが。

「そうだね。まあ、芸やってたのは、実質五年くらいだけど」

――なるほど、自分のペースを崩さずに、頑張っていらしたということですね。

「そう、その通り。それはやっぱり、ブログの更新とかと同じで。そうだね……だいたい、月に四回の更新くらいが、無理なく続けられるペースなんじゃないかな?」

――その例えは良く解りませんが、無理するのは良くないと。

「そう。無理は良くないね。無理をしてまで、別にブログを続ける必要はないし、また内容がスカスカで面白くなくても別に構わないと思うよ」

――なるほど。では、今年はデビュー五十周年ということで、何か特別な事などは企画されているのでしょうか?

「今のところ希望でしかありませんが、松浦亜弥さんとマジックで競演したり、その後、同棲したりしたいなと考えています」

――実現する見込みは?

「一応、所属事務所にオファーを出したり、良い匂いがする香水を体につけたりしてるんだけど、今のところ返事はありません。でも、可能性はゼロではないと思うよ。というか、多分、彼女は私のことが大好きだと思うよ」

――なるほど、マジシャンたるもの、常に「出来る」という確信を持って行動しないといけませんものね。

「そう、その通り。例えば、後十分くらいで、絶対に漫画喫茶を出なければならない――そんな状況に陥ったとしても、マジシャンは決して慌てません。絶対に出来る! 絶対にブログの更新は出来る! そのような心意気で頑張るんです」

――なるほど。では最後に一言お願いします。

「かけた時間と正比例するのが、ブログの記事のクオリティーです。それと同じで、マジックも時間をかければかけるだけ、凄い物が出来るんですよ。本当だよ!」

――本日はありがとう御座いました。

「あー、早く、松浦亜弥さんのおっぱい揉みたいなー」

――――――――――――――――――――――――


マジで、大阪帰りたい。
スポンサーサイト
(08:54) その他 / トラックバック(0) / コメント(4) /
エスパーMAX / HOME / W44T
 東京に行く用事とは何なのか?
 仮説1・Mr.ムーのマジックのアシスタント→追い返される
 仮説2・今さらお盆→東京に親戚居ない(福井と滋賀あたり?)
 仮説3・テレビ番組の企画「シックスセンスで、蒸発した身内26人を探せ」→26人どころじゃない
 
 ぐらいですかね。
2006.08.20 (23:58)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
東京、狂った街 凄い電球さん
と、確かSADSだったかが歌っておりましたので、どうぞお気をつけ下さい。実際狂ってると思う(人の数とか)。山手線を大阪環状線と同じものだと舐めてかかってたらえらい目に遭いましたもの。
2006.08.23 (22:47)/ URL / #bNXzFvzo / [ 編集・削除 ] /
Mr.ブー殿、先日はわざわざ東京は秋葉原へお越し頂き、ありがとうございました。
路上での「リュックを持った強烈な臭いのするA-BOYを次々と金属製ステッキで撲殺するマジック」や、
「マクドナルドでチーズバーガー200個を注文するも、次の瞬間には列から居なくなり後ろに並んでた奴に全額払わせる奇跡のマジック」、
そして「メイド喫茶で何も知らないメイドさんのスカートの中を仕込みステッキを使って盗撮する犯罪的マジック」(その後ブー殿が私服警官に連行される姿も印象的でした)など、
老若男女を問わず万人を魅了する多彩なエンターテインメントの数々に、千代田区財団法人『ボケ老人の会』の皆様も大変大興奮でありました。
ただ残念なことに興奮のあまり、何名かの方が他界されましたが、まぁ過ぎたことを今更悔やんでも仕方ない・・・先に逝った彼奴等も今は空からMr.ブーのマジックを見守ってくれてるさ!と言う元世界チャンピオンのお言葉も頂き、会員一同大変感謝しております。

さて、今回の興行費用でありますが、Mr.ブー殿ご指定のさくら銀行スイス支店の口座に振り込まさせて頂きました。
なお、お代からは「先日完成したばかりのとらのあな秋葉原1号店ビルをマッチ1本でおもむろに爆破マジック」により廃墟になったビルの復旧費用は引かれておりますのでご了承願います。

それでは、また東京でMr.ブー殿のマジックが見られることを期待しつつ、この辺でお暇させて頂きます。
2006.08.24 (22:57)/ URL / #6elSjn0U / [ 編集・削除 ] /
24時間テレビ びんちゃんさん
三日前に大阪に帰ってましたが、ネットサーフィンと東京が爆発する夢想に夢中で返信サボってました。
という訳で、今更だけど元気一杯返信していくぞー!

一騎さん>

こんにちは。
僕が東京に何をしに行っておったのか、幾つかの大胆な仮説を提示して戴きまして、どうもありがとう御座います。
既に一騎さん御自身がひとつひとつの仮説に対しまして、鋭い反証を述べられておりますので、僕としましては今更特にそれらに口を挟む余地も御座いませんし、「『アド街ック天国』を見てたら、何か東京に行きたくなった」とか、そんな事実を吐露することもままならない状況へと追い込まれておるわけですが、それでもあえてひとつだけ意見を述べさせて戴きますと、仮説3だけが意味解らなさ過ぎて、超ウケルんだけどー。

というわけでして、どうやら僕は確実に東京という魔物に犯されつつあるようですが、この病状がドンドン進行していきますと、最終的に僕の発する言語はドンドン標準語になり、体付きは東京バナナそっくりに変貌を遂げ、そして遂に陰部は東京タワーのように屹立する。
そう、それは僕という存在が人間という括りを脱却し、空間としての東京へと変貌を遂げる瞬間であり、それこそが第二の東京、ネオ東京誕生の瞬間でもあったのだ……!

ちなみに、僕の従兄弟は埼玉に居るよ。


凄い電球さん>

SADSと申しますと、AIDSと非常に字面が似ておることで、僕の中で有名な方々でして、まあそれは別に良いんだけど、確かに東京は狂った街である。
それは今回、僕が滞在しておったごく短い期間におきましても、十分に実感出来る事柄でありまして、例えば「TOKYOという字面は、ジャニーズグループのTOKIOそっくり」であるという事実。

これはつまり、TOKYOという街の名前は、TOKIOをもじったもの……あるいはパクったものなのではないか、という疑惑がここに浮かび上がって来る訳です。ところで、ここで僕が今までの人生で拝読して参ったサスペンス物の小説などを参考にさせて戴きますと、往々にして「疑惑」とはやがて「確信」へと変貌を遂げるものだと相場が決まっております。ですから「TOKYO」は「TOKIO」のもじり(パクリ)である、という疑惑は、必然的に確信へと変わる訳でして、このお説を推し進めていった先、そこにあるのは、TOKYOの「K」を担当するのは、キーボードの国文太一であるという狂った事実。

ところで、SADSって今何してるの?


KPさん>

こんにちは。
先日の公演依頼、どうもありがとう御座いました。
Mr,ブーにおきましても、久しぶりの仕事、久しぶりのギャラ、久しぶりのギャランティー、久しぶりのお金、久しぶりのご飯、久しぶりの外出、ということで嬉々として秋葉原へと出掛けていった模様ですが、どうやらギャラの殆どはビルの復旧費用に消えてしまった御様子。そういえば帰宅してからの、Mr,ブーは「やってしまった」「もう駄目だ」「死にたい」「来世はハリウッド俳優が良いな」などの発言を巧みに駆使しておったそうですが、これらから導かれる結論としましては、明らかにビルの復旧費用はギャラだけでは賄えない額になっているという事実。この先、Mr,ブーに待っている運命は、死ぬか、もしくは消費者金融で借金して死ぬか、Dead or Deadという余りにも残酷過ぎる事実だったのです。

で、Mr,ブーって誰?
2006.08.27 (20:17)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。