いつまで経っても他人行儀

--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2006.09.25 → 暗黒
当ブログの更新を放置しまくり、ニンテンドーDS版のファイナルファンタジー3を熱心にプレイしておりましたところ、ラストダンジョン直前でセーブデータが消えました。光の戦士としての使命を授かり、傷付きながらも数々のモンスターと戦い、人々のために世界を覆う闇を懸命に払い続けた、あの僕の三十時間は、一瞬にして虚無へと還元されてしまったのです。

この事態を受けて、僕は怒るだとか泣くだとか、そういうネガティブな感情を発露させるよりも先に、戦慄致しました。何故と申しますに、これは明らかに、ゲームの中の世界を覆いつくそうとしていた「闇の力」が、現実世界にまでその触手を伸ばし、侵食して来た結果、引き起こされた現象であると考えられるからです。

生命を形作るのは環境であります。環境に適応出来た生命は栄え、適応出来なくなった生命は淘汰される。これは過去の事例を鑑みて明らかなことでありますが、ゲーム中に住まう存在であるところの「闇の力」は、光の戦士である僕によって、徐々にその力を奪われ、環境を変えられた、本来ならば「淘汰される生命」だったのです。しかし、ここで「闇の力」は思いもよらぬ手段に出ます――それが「現実世界への移行」です。

それは丁度、水中に住んでいた筈の生命が、已むに已まれず陸上へと進出したように、ゲーム中の世界に住まう「闇の力」は、光の戦士である僕に淘汰されるよりも先に、新世界である「現実」に移り住むという決断を下したのです。これは大いなる賭けであり、そしてその賭けが上手く行く可能性などは、限りなくゼロに近いと言って良いでしょう。現実とゲームの世界――それは二次元宇宙と四次元宇宙などとという、いわば形而下的感覚で、全く違う世界であると考えられるからです。

しかし、彼はまんまとそれをやりおおしたのです。そして、現実世界において力を獲得した彼は、僕が築き上げてきたゲームのデータを削除し、二度と帰れぬ故郷すらも、再び「闇の力」の支配下においたのです。(ゲーム開始時、ゲームの中の世界は「闇の力」に包まれています)

僕が危惧しているのは、この「闇の力」が現実世界においても、どんどんとその力を増して行くのではないか、ということです。ゲーム中、「闇の力」は世界の時間を止める程の力を保持していました。もしも、その能力がこの世界においても有用ならば、この現実世界を、自分の住まいやすい環境――暗闇に覆われた世界へと移行させることなど、彼には造作もないことでしょう。

不安は、今も増大し続けています。
現に――この土曜日と日曜日、僕は一歩も外に出ず、ひたすら薄暗い部屋でダラダラしておりました。したことと言えば、寝る、読書する、携帯弄る、漫画読む、寝る。風呂に入ることも、また髪の毛をセットすることも、パンツを変えることも、誰かと会話するようなことも、一切御座いませんでした。この二日間だけを切り取れば、世界(僕が認識している世界です)は、既に暗闇に覆われていると言えるのです。

一度は「闇の力」を払うことに成功しかけていた、光の戦士(僕)ですら、既に闇に呑まれようとしている……この現実は、そう遠くない将来、我々人類が長い年月をかけて築き上げてきた文明が、やがて自身が生み出した「ゲームソフト」という娯楽世界からの侵略者によって、灰燼に帰されることを意味していると言えましょう。まあ、そんなことはどうでも良いのですが、とりあえずFF3はセーブ周りの仕様が本当にクソ過ぎるので、これからFF3を始めようと思っている方は、間違って進んでいるセーブデータの上に、進んでないセーブデータを上書きしないように、気を付けて! 兄貴のデータを上書きしてしまった時は、本当に死のうかと思いました。終わり。
スポンサーサイト
(04:10) 日記 / トラックバック(0) / コメント(5) /
少女漫画レビュー その98 / HOME / エスパーMAX
眠くないです。
セーブデータが消失すると
「刹那~さと~苦し~さと~ウタレヅヨサと♪」
見たいな感じで壁を殴って、失血とかしますが、
3時間後には、違うゲームをしているはずです。
RPGは、アクションRPGしかしませんけど。
2006.09.27 (23:54)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
セーブって怖い 凄い電球さん
私もFF4のセーブデータがラスボス寸前で消えるという、世の中の不幸を一身に受けたような事件に遭遇したことがありましす。FF恐るべし。

セーブデータ消えるとか、世界の終わりを感じますよね。
2006.09.28 (01:56)/ URL / #bNXzFvzo / [ 編集・削除 ] /
じゃぁ昔PSのヴァルキリープロファイルのクリア直前のデータが消えたのも、ウィザードリィでさんざん育てたキャラが*いしのなかにいる*のも・・・全て現世に飛び出した暗黒魔王(家事手伝い・46)による侵略だったのか・・・!!
恐るべきはその暗黒パワーを産み出すデスマプログラマーか・・・
それなんてボヘミアン・ラプソディー?

それにしても、セーブデータが消えたことをここまでポジティブに昇華できる姿には惜しみない拍手を送る。
2006.09.28 (09:53)/ URL / #6elSjn0U / [ 編集・削除 ] /
 俺の推測「はっ!これは兄貴のデータ・・・まずい!やめてくれ、やめてくれぇー!!」
『ピロリロリン♪セーブが完了しました』   
「あぁ、終わった・・・いや、待てよ・・・これをバグにすればいいのか。えぇ~い!全部消しちまえ!!!」

 数時間後

「おい!データ消えてるぞ!」
「え、まじで?うわ~。バグッたか~。(ニヤニヤ)」
「おい、お前消したな?」
「いや・・・そんなはずないだろ・・・」
「嘘つけこのやろー!!!」
「ぎゃぁぁぁぁぁーーー!!!」

みたいな・・・
2006.09.28 (19:04)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
十月 びんちゃんさん
GAINさん>

こんにちは。
FFのセーブデータが消失して以来、白痴のようにテトリスばっかりやっておりましたところ、ちょっとでも目を瞑りますと、ちょうど目隠し将棋の如く、テトリスが目の前に展開されるという状況にマジに陥りました僕ですが、なるほど、人間の脳味噌とは良く出来ておるもの―― 一度セーブデータを消失するという、いわば世界の終わりを経験した脳髄は、遂に自身にテトリスという世界を閉じ込め、やがて僕とテトリスの関係性を、永遠のものとしたのです。

最近では、遂に瞬きするだけでテトリスが見え始めておりまして、日常の生活に若干の支障が出てきておりますが、そこはポジティブに、この体験を基に「テトリス脳の恐怖」なる啓蒙書を書き、PTAの間に流布し、僕はガッバガッバお金を儲けようかと思っておる次第ですので、どうぞGAINさんにおかれましても、アクションじゃないタイプのRPGもプレイされてみては如何かな? 食わず嫌いはあんまり良くないぞ!

(僕がお勧めするアクションじゃないRPG)
・MOTHER2
・風来のシレンシリーズ
・真女神転生3


凄い電球さん>

こんにちは。
奇遇にも、凄い電球さんにもセーブデータが消失したという忌まわしき過去が存在するようですが、そのゲームのタイトルは、同じファイナルファンタジーシリーズのFF4である。この書き込みを拝見させて戴きました今、わたくしの脳内にはとてつもなく恐ろしい仮説が組みあがっておりまして、端的に述べるならば、その凄い電球さんのセーブデータを消失せしめたのも、実は僕のFF3より出でた、「闇の力」によるものなのではないか……。

確かに、FF4が発売されたのは、今を遡ること十年程度? の昔でありますが、しかし、「闇の力」には最早時間の概念など関係あろう筈がありません。彼は、ゲームと現実という壁をぶち破り、この世界にポトリと飛び出でた訳でして、そのような生命体に、時間の縛りが果たして通用するのであろうか? 答えは否であるとしか、僕には考えられないのです。そうして彼は、時間の壁や時空の壁をぶち破り、過去に、未来に、あらゆるところに存在し、憎しみの萌芽を人々に植えつけて回っているに違いないのです……!

だから、FF8のシナリオがびっくりするくらいにクソなのも、僕の身長が一向に伸びないのも、この返信に特にオチがないのも、全部「闇の力」のせいなんですよ。なるほど。


KPさん>

こんにちは。
そういえば、FF3のラスボス(闇の力)がどんな姿をしているのか、わたくしゲームをクリアーしておりませんので、まったく認識しておりませんでしたが、なるほど、彼ったら四十六歳の家事手伝いだったのですね。

ということは、彼(彼と申しますと勿論男性を指す訳ですが)は、きっと吉田昇とかいう名前の、収入もなく、女性と口を利いたこともなく、楽しみといえば自分の乳毛に適度な栄養を与え、その長さでギネス記録を狙うことだけ――というような、脂性の男性である可能性だって、全然ある訳でして、そう考えると、何だかちょっぴりシンパシーが沸いてくるから、不思議なものですよね。


一騎さん>

こんにちは。
コミカルな寸劇、どうもありがとう御座います。
どうやら僕の書き方が悪かったみたいで、少々誤解を与えてしまったようですが、現実に起こった悲劇においては、上書きしたデータは「兄のもの」であり、上書きされたデータこそが「僕のもの」であるのです。つまり、言い換えるならば、僕の兄こそが「闇の力」の正体であったのだ……!

おや? しかし、先ほど上記のKPさんへの返信において、僕は「闇の力」を「乳毛の長さでギネス記録を狙う男」であると規定致しております。このままでは、この理論はいずれ破綻を来してしまい、僕は嘘吐きのレッテルを貼られ、そして世界はカオスの渦の中へ移行してしまいます。

これを回避致しますには、兄が乳毛をギネス級に伸ばしているというご都合主義的な展開以外に道はありませんが、しかし、その可能性は決してゼロではありません。兄に、着ているタンクトップを脱ぐように指示し、そしてその乳毛の長さをしっかりと僕が視認する瞬間まで、可能性の上では、兄の乳毛は何センチにも、また何メートルにもなり得るのです。

しかし、万が一兄の乳毛が凄く長かったとしましても、いずれこの世界(僕が認識する世界)は崩壊してしまうのです。それは、そのような兄を持った僕が自害するという形での、世界の終わりです。
つまり、これは中世の魔女裁判などと同じく、兄の乳毛が長い、長くない、どちらに転んでも、僕は死んでしまうように出来ているのですね。あちゃー。
2006.10.01 (04:19)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。