いつまで経っても他人行儀

--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2006.10.22 → 悪霊
下唇の裏側に痛すぎる口内炎が出来て、そろそろ一週間程度の時間が経過しておりますが、彼(口内炎)ったら一向に消える気配がなく、それどころか先日奥歯の治療のために出向きました歯医者にて、歯を人為的に剥き出しにされましたところ――つまり、下唇をびろんびろんに引っ張られましたところ、物凄く悪化しました。彼(歯医者)は確かに僕の奥歯の痛みを取り除いてくれましたが、しかしそれと同時に、ビリビリと、無自覚なる悪意によって、僕の口内炎を引き裂いたのです。この一連の所作は、まるでSMで申しますところの飴と鞭。僕は今まさに、従順なる奴隷としての第一歩を踏みしめ始めたのです。ちなみに女王様は禿頭のおっさんです。

さて、先日僕は当ブログにて、この口内炎は僕のソウルメイト(ロペス)なのではないだろうか? というような趣旨の主張をさせて戴きましたが、歯医者によって傷口を広げられ、尋常ならざる痛みを常時発するようになりました今、彼(口内炎)は僕のソウルメイトであるどころか、むしろ『悪霊』ではないのだろうか……? という疑いをここに抱くに至りました。

ソウルメイトとは前世からの強固なる絆・縁によって結ばれ、輪廻の渦を超えて尚、出会い、繋がり合おうとする魂の存在であるそうですが、この定義で申しますれば、僕と口内炎がソウルメイトであるには、お互いがお互いを、激しく、強く、求め合わなくてはなりません。けれども、彼(口内炎)はどう思っているか存じませんが、少なくとも今、僕は、僕に痛みを生じさせる彼のことを、ひとつも求めてはいません。

では、彼(口内炎)は一体僕にとって何なのでありましょうか? 輪廻の渦を越え、僕を追い求め、僕に憑依し、そして僕に苦痛をもたらす彼(口内炎)は、僕の貧困な語彙では、『悪霊』と呼ぶ他ないのです。

一体、前世の僕は、彼(口内炎)の前世(ロペス)にどのような酷い仕打ちをしたのでありましょうか。悪霊として今世に発現し、僕にこのような苦痛を与え続けるからには、恐らく僕たち二人の間には、相当な確執があったに違いありません。ロペスの信仰している神を冒涜したのでしょうか? あるいはロペスの肉親を殺害した? ロペスのmixiで卑猥な文章を書きまくった? ロペスがこれ見よがしに胸筋をピクピクさせてるのを無視した? ロペスが大事にしているアイドルの写真集の全ページにラム肉を挟みこんだ? ロペスが実は宇宙から地球に性転換しにやって来た宇宙人だという噂をばら撒いた?

……推測は幾らでも可能ですが、しかしそれが一体どのような意味を持つのでありましょうか。例えそれらの推測が現実を射抜いていたところで、僕が前世にロペスに行ったであろう、許され難い咎が掻き消える訳ではないのです。僕は、悪霊と化した彼(口内炎:ロペスの霊)の発する憎しみの心を真摯に受け止め、下唇の裏側の疼きを甘受し、それを己が贖罪とするべきなのでありましょう。

けれども――前世の僕が犯した罪は、果たして現在の僕をも拘束し得るのでしょうか? そもそも、アダムとイヴが神に背いて禁断の果実を口にするという原罪を犯したその時から、人はその存在自体が罪深きものであり、今更ロペスにとやかく言われる筋合いとか無いんじゃねえの……?

―――――――――――――――――――――――――

そうなのです、僕は全く前世に縛られる必要もないのです!
という訳でして、僕は早速このロペスの悪霊を成仏させる為に、祭祀を執り行いました。細部は省略致しますが、部屋の中で聖水を振りまいたり、全裸になって部屋の真ん中に立ってみたり、蜂蜜を口内炎に塗りたくったりしたのですけれど、お恥ずかしい話、最後の蜂蜜が尋常じゃないくらいに口内炎に沁みて、マジでちょっと涙が出たのですが、これは、きっと前世の罪が洗い流された浄化の涙です。では、飽きたし眠いので終わります。さようなら。
スポンサーサイト
(01:24) 日記 / トラックバック(0) / コメント(5) /
代打日記:少年探偵編 (事件編) / HOME / ソウルメイト
口・内・炎 凄い電球さん
口内炎(こうないえん)とは、口の中や舌の粘膜に起きる炎症を総称しての呼び方である。口内炎には「カタル性口内炎」、「アフタ性口内炎」、「潰瘍性口内炎」がある。代表的な「アフタ性口内炎」は口内粘膜に直径5ミリ程度の灰白色斑(アフタ)をつくり、痛みを伴う。通常は一週間程度で自然に完治するが、複数箇所に口内炎が発症する重度のものでは痛みのあまり摂食不能になることもある。また、口内炎の発症時には口臭を伴うことがある。(Wikipediaより抜粋)

だそうです。びんさんのはアフタですね。というか、口内炎は耳鼻咽喉科らしいですよ。これもWikipediaより。
2006.10.23 (18:30)/ URL / #bNXzFvzo / [ 編集・削除 ] /
 今日は歯科検診を学校で行いました。
 「え~・・・と、はい、丸!!」医者は散々伸ばした割りにはスパッと心地よいくらいに「丸っ」といいました。
 本当にそうなんか?(歯科検診にかかった時間。一人平均30秒弱。)

 口内炎はどこにもないけど、虫歯は6箇所位ある。
2006.10.25 (20:17)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
特にタイトル無い GAINさん
やはり、アンビリーバボーが出てきましたか。
そういや何か、今日、デパート崩壊みたいなこと
やってたなー(アンビリーバボーでね)
                    以上。
2006.10.27 (01:12)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
いつも思うのだが、このblogに書いてある内容を詩人が書いたら書籍化確実なんだろうけどなぁ・・・
俵魔智辺りで。

口内炎を舌でぷちぷちやるのが結構好きなんだけど・・・
あとニキビと同じで、口内炎が出来るって事は若いって証拠じゃないのかい?
だから甘受ではなく享受すべき。
2006.10.29 (11:55)/ URL / #6elSjn0U / [ 編集・削除 ] /
かまいたちの夜~返信編~ びんちゃんさん
こんにちは。口内炎が余りに悪化致しまして、一週間ほど死線を彷徨っておった僕は、PS2のサウンドノベルゲーム「かまいたちの夜3」などを熱心にプレイするという悪夢に苛まれておりましたが、皆様の暖かい応援コメントが活力となったのか、本日無事にこうして復活することが出来ました。
かまいたちの夜3の犯人はまだ解らないけれど、頑張って返信していくぞー!


凄い電球さん>


「あなたが――犯人だったのですね」
僕は口内炎を指差して言った。
「な、なんやて!? それはほんまか!?」
全裸の香山さん(関西弁のおっさん)が驚いたように声を挙げた。
口内炎は無言で僕を見つめている。
「ええ。最初から、おかしいなとは思っていたんです」
そう――ヒントは常に提示されていたのだ。僕が物心ついたその時から。
僕は自説を披露し始めた。

「良いですか。凄い電球さんが提示していた、ダイイングメッセージ(口内炎のウィキペディア)の最後の一文には、こうあります」

『また、口内炎の発症時には口臭を伴うことがある』

「……それが何だって言うの?」
真理(恋人。ショーパブウルウルに勤務)が怪訝そうな顔で僕を見つめた。無理もないだろう。彼女は前頭葉の一部が欠損していて、うまく言葉を認識することが出来ないのだ。
僕は真理の言葉を無視して話を進める。
「僕たちはあの時、凄い電球さんのダイイングメッセージから、犯人はウィキペディアであるという推理ミスを犯しました。その項目が口内炎だったのは、たまたまだったのだと」
僕はそこで一度言葉を切り、口内炎の方を見た。口内炎の表情に変化はない。
「その結果、ウィキペディアはショック死。事件は終幕したかのように思えました。しかし、僕には言いようのない強い違和感が残りました。本当に犯人はウィキペディアなのだろうか、と」
「そ、それは、実はわしも思ってたんや。けど、だからと言って何で口内炎が犯人なんや?」
香山さんが股間を両手で隠したり隠さなかったりしながら言った。
「――僕は、毎日歯を磨きます」
「は?」
唐突な僕の言葉に香山さんは訳が解らないという表情をした。僕は構わず続けた。


一騎さん>


「僕は毎日歯を磨くんです。毎食後、それも十五分は丁寧に磨き続けます」
「それじゃあ、さぞかし歯は綺麗なんでしょうね」
高身長の割りに虫歯が六本もあるという一騎さんが口を挟んだ。
「勿論です。僕の歯はとても綺麗です。それに、心もとても綺麗です。だから、別に身長が低くても全然問題がありません」
僕は少し嘘をついた。ついこの前、歯医者に行ったばかりだったからだ。
香山さんが焦れたように叫んだ。
「そ、そんな話はええんや。わしかて、あんたが心の綺麗なええ男やっていうのは良く解ってる。だからわしもこうして全裸になってあんたを誘惑しとる。男のわしまで魅惑する、あんたのセックスアピールはそりゃもう凄いもんや。けどな、今はそれよりも、何故犯人が口内炎なのかや!」
「まだ解りませんか?」
「解る? 何がや? 今解ってるのは、一騎はんが虫歯が六本あることと、あんたがちゃんと歯を磨くっていうことくらいやろ」


GAINさん>


「そ、そういえば……先週のアンビリーバボーで【デパートの崩壊】をやっていたような気がするけど……」
今までムール貝の物真似をしながら黙って僕達のやり取りを聞いていたGAINさんが唐突に口を開いた。
「デパートの崩壊? それが何か関係あるんか?」
香山さんは若干イライラした様子で語気を荒げた。無理もないだろう。彼は今回の事件でペットのハムスターを三匹も失くしてしまったのだ。ハムスターと会話をすることだけが唯一の生きがいの香山さんにとって、それがどれ程辛いことなのか、僕には想像することも出来ない。
「い、いえ、スイマセン。僕はアンビリーバボーが好きなものですから……」
「わしは所ジョージがふんぞり返ってるからあの番組は好かんな。十九年前に発売されたファミコンゲーム、【所さんのまもるもせめるも】も発売初日に買って、箱から出して即座にバキバキに折ったったことがあるくらいや」
香山さんの余りの残虐ファイトぶりに、ウェルニッケ失語症の真理も思わず「酷い……」と小さく漏らした。僕は言った。
「GAINさん、残念ですがアンビリバボーは今は関係ありません。恐らく、それは犯人が仕掛けた無数のミスリードのひとつなのでしょう」
「そうですか……」
GAINさんは残念そうに肩をすぼめると、再びムール貝の物真似を始めた。
「良いですか? 皆さん。今回の事件は、そもそもが起こりえる筈のない事件なんです。僕は毎日歯を磨いています。歯だけではありません。歯磨き時には、専用の歯ブラシで丹念に舌まで磨いています。好きな食べ物はミント味のガムで、勿論それを食べ終わったらちゃんと歯を磨きます。ですから、僕の息は――」


KPさん>


「あっ! そ、そうか! そういうことか!」
香山さんはようやく気付いたようだ。
「そうです。僕の息は、本来ならばとてもクリーンな筈なのです。とは言っても、僕はブレスケアに別段気を使っている訳ではありません。重度の歯磨きやミントガムを噛み続けるということは、殆ど無自覚的に行なっている行為であり、いわば習慣のようなものです。それにも関わらず――僕の息は尋常じゃなく臭い」
皆が一斉に驚きの表情を浮かべた。僕は少し照れながらも続けた。
「僕の息は本当に尋常じゃなく臭いんです。露骨に人が顔をしかめるほどです。カメムシは、僕の体から出てきたという説を挙げる学者までいる。けれど、今まで、僕は何故自分の息がこれ程までに臭いのか、全く解らなかった……凄い電球さんのダイイングメッセージを見るまでは」
そうなのだ。凄い電球さんが最後の力を振り絞り、僕達に伝えたかったこと。それは――。
「僕の口臭の元であり――今回の事件の犯人――それこそが、あなた――口内炎だったんですよ」
全員が息を飲んだ。僕はミントガムを噛んだ。数人が露骨に顔をしかめたからだ。
「僕の推理は以上です。何か反論はありますか?」
口内炎はそれでも一切表情を崩すことはなかった。まるでこうなることが最初から分かっていたかのように、口内炎――ロペス――あるいはロドリゲスだろうか?――は一言、
「その通りだ」
と言った。

全てが終わった後、僕は真理と二人で海に沈む夕日を眺めていた。その夕日は、まるで在りし日のKPさんのニキビのように、眩く光輝いていた。
僕はKPさんが最後に言っていた台詞を思い返す。

『口内炎を舌でぷちぷちやるのが結構好きなんだけど……あとニキビと同じで、口内炎が出来るって事は若いって証拠じゃないのかい? だから甘受ではなく享受すべき』

あの時、恐らくKPさんは今回の事件の全容を察していたのだろう。けれど、それよりも中華FLASH紹介ブログ「敵はほんのり塩味」の更新を優先したのだ。
それは、きっと愛だったのだろう。
中華FLASHへの愛――。
しかし、その愛が結果的には今回の事件をこれほどまでに陰惨なものにしてしまったのだ。

気が付くと、夕日は殆ど水平線へと沈んでいた。
僕は真理に言った。
「僕は、今でも思うんだ。あの時、ああすれば良かったんじゃないか。ああすれば――誰もあんな風にはならなかったんじゃないかって」
――今回の事件の中心に居たのは、実は僕だったのだから。
真理はやはり僕の言葉の意味が理解出来ない様子で、砂浜に卑猥な絵を描き始める。
けれど、今の僕にとってはそれは救いだった。僕に今必要なのは慰めの言葉ではなく、告解室における告白と同様、一方的な独白だけなのだ。
「それに、こうも思うんだ。今回のこの返信、僕は実に二時間ほどの時間をかけて書いている。二時間といえば、本は読めるし、ゲームは出来るし、あるいは勉学に勤しむことだって出来る。けれど、僕はそれをせず、二時間もの時間をかけて返信という行為を行なった」
僕はそこで一呼吸置いて、最も強く感じていた想いを口にした。
「――この返信は、果たして面白いんだろうか?」
ふと、真理が僕の方を見て「微妙」というような表情をしたような気がした。辺りはすっかり暗くなっていて、本当のところは良くは分からなかったけれど、僕にはそう思えて仕方なかった。

返信編 終わり
2006.11.02 (22:37)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。