いつまで経っても他人行儀

2006.11.27 → 必殺技
こんにちは!
今日は格闘家の僕が長い年月をかけて編み出した193の【必殺技】の中から、特に凄いヤツをランキング形式で発表していっちゃうぞ!

【第4位】

『メソポタミア固め』 今までの餌食人数:一人

熱々のポタージュスープを全身に浴びた後、熟睡中の対戦相手の布団に潜り込んでしまおうという恐ろしい技が、この『メソポタミア固め』だ。
熱々のポタージュスープが、技の使用者の肌と、対戦相手の布団をしっとりと濡らしてしまうぞ。
ポタージュスープの「ポタ」と、メソポタミア文明の「ポタ」が同じ発音であることを応用した技なので、モンタージュ写真の「タージュ」と、ポタージュスープの「タージュ」が同じ発音であることに気づいてしまうと、二分の一の確立で「モンタージュ固め」になってしまうから気を付けよう!
eiyu.jpg

技のイメージ


【第3位】

『コーク・スクリュー・ドライバーΩ』 今までの餌食人数:三人

握力が20キロくらいしかないという非力さを巧みに操り、普段から決して重い荷物を持とうとせず、物を引っ張ったりするのも苦手で、ポテトチップスの袋を開けるのにもハサミを使っちゃう……そのハサミで対戦相手の胸を一突きにしようというのが、この『コーク・スクリュー・ドライバーΩ』だ!
殺傷能力は割りと高めの技なので、使用時には十分に注意! パーティージョークの範囲内で用いないと、何だか大変なことになってしまうぞ!


【パーティー好男が教える、今すぐ使えるパーティージョーク】
underconstruction.jpg

「握力が弱いのを利用して、フェミニンな感じで女性を口説いてみるんだけど、全然モテないんだ……何故って? 僕は何も[持てない]からさ!」


【第2位】

『ジプシー・ローリング・サンダー』 今までの餌食人数:四人

全国にいる神田川俊郎のそっくりさんが、一同に介してリンゴをぶつけ合う「神田川俊郎リンゴ祭り」を企画し、町興しを狙うが、集まったそっくりさんはたったの二人……やむなく祭りを始めてみるも、一方の神田川俊郎のそっくりさんが、リンゴアレルギーであることが開始直前に発覚。あわや祭りは中止かと思われた。だが、もう片方のそっくりさんは、まるで悪魔のような神田川俊郎のそっくりさんだったのだ……! 
係員の静止を振り切り、容赦なくリンゴアレルギーの方の神田川俊郎のそっくりさんに投げつけられるリンゴの雨……果たして、この町興しは成功するのだろうか……?
そんな状況で思いついたのが、この『ジプシー・ローリング・サンダー』という技だ!
神田川俊郎の顔真似(出来るだけ厭らしい感じ)をしながら、対戦相手の嫌がる部位(眉間・臀部・胸骨など)をひたすら拳で殴り続けるシンプルな技なだけに、実用性が非常に高いぞ! ちなみに「ジプシー」は神田川俊郎の隠語だ! 覚えておこう!
2_edited.jpg

「料理は心!」


【第1位】

『なで肩ダイナマイト』 今までの餌食人数:二十三人

筋トレは週に二日、三十回ほどの腕立て伏せをしているだけだから、肩の筋肉の発達具合は人並み以下。だけど、このなで肩という名の窮鼠が、猫を噛むのは良くあること。時にはライオンの喉笛だって……噛み切ることがあるのだぞ!
そんな訳で、なで肩を隠すために大き目の肩パッドを常に装着し、その肩パッドの中には大量のカミソリを仕込んでおいて、試合が終わったら(大体ボコボコにやられる)早々と控え室に引き上げ、ナチュラルな仕草で対戦相手のロッカーにカミソリを仕込んでおくという技が、この『なで肩ダイナマイト』だ!
私服のポケットの中や、財布の中。相手がマスクマンならマスクの中など、パッと見では解りにくい場所に仕込んでおくと効果的。相手が指の先を切ったりしたら、笑いを堪えながら、なで肩を静かにいからせてやろう!
038.jpg

「何も足さない。何も引かない」
スポンサーサイト
(01:01) その他 / トラックバック(0) / コメント(3) /
高身長脳の恐怖 / HOME / 出会い系サイト
 メソポタージュ固めが妙にリアルだった。てっきり筋肉マンが来るもんだとおもったから・・・

 カトゥーンもそろそろ潮時か?そういえばWatとWindsってかぶってない?(名前が)
2006.11.27 (16:25)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
デスノートで板尾創路が出演しているのを発見できる視力と天性のやる気の無さは持っているものの必殺技は一つもない・・・

そんな悩みを抱えていた僕ですが『メソポタミア固め』のイメージを見て僕は前世アブラムシだったことを思い出しました!


ただそれだけの事です。
2006.11.27 (23:05)/ URL / #m2.qvVHw / [ 編集・削除 ] /
睡眠時間は4時間 びんちゃんさん
一騎さん>

こんにちは。
今回の記事に一切関係なく、突然に現れました(ように僕には思われましたが、何らかの関連性がある場合は知りません)カトゥーンだかが潮時? みたいな話題ですが、わたくしその方面に全く疎く、winds? だかが、windowsとどう違うのか、新手のOSなのかどうか、ビルゲイツの顔面麻痺は生まれつきなのかどうか、その辺りも良く解っていない次第ですが、それを踏まえた上で、全力をもって僕がそのことについてコメント致しますと、「そうだね」となります。

ところで知ってました? watって、実はジャニーズではないんだそうですよ! ふーん。


ネコパンチさん>

デスノートの実写映画版は、その結末だけを聞き、なるほどそんな手があったかと思わず膝を打った次第ですが、まさか板尾創路が出演なさっていたとは……誰の役をやっているのか非常に気になるところですが、実は僕は漫画版のデスノートの記憶も薄ぼんやりしている次第ですので、実際誰とか言われても全然解りません。
Lとかは辛うじて解るレベルなので、出来ればLであって欲しいですね。ギリでミサミサ。

さて、前世がアブラムシだったことをここに告白されたネコパンチさんによって、「メソポタミア固め」には前世を喚起させる力までもあることが証明された訳ですが、実はわたくし、スピリチュアルカウンセラーになって、人々の前世を判断し、潤いのある生活、具体的に述べますと金銭に余裕のる生活を送りたいと、こう考えております。
しかし、その前世を見るという具体的な方法論が、今までは皆目検討がつかず、とりあえず女性なら「ジャンヌ・ダルク」男性なら「織田信長」とか言ってれば良いんじゃねえの? なんて考えておった訳ですが、この「メソポタミア固め」を使えば、今日から僕も第二の江原啓之。早速熱々のポタージュスープを己の全身に次々とぶっかけてみたいと思います。
全身の皮膚がベロベロになったら、また御報告します。
2006.11.30 (04:08)/ URL / #kpr1dOdg / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm