いつまで経っても他人行儀

2014.10.14 → アメリカ行った気がした日記
今年の夏、僕は外出らしい外出は殆どせず、休日ともなればクーラーの効いた涼しいお部屋でダラダラし続けるだけだったのですが、人間の素晴らしいところは無限の想像力がある所だと僕なんかは思っておりますので、そういう観点からすると僕は今年の夏、アメリカ旅行に行った気がするので、その日記を書きたいと思います。

ziyuunomegami.jpg


セイン・カミュの母国であり、デーブ・スペクターの母国であり、そして何よりもあのケント・デリカットの母国であるアメリカは、とても自由で、ワイルドで、そしてスリルに満ちた国だった気がします。具体的にどの辺りが自由で、ワイルドで、スリルに満ちた国だったのか、という克明な説明描写をおこなうのは、実際にアメリカに行っていないのでなかなか難しいものがありますが、とにかくそんな雰囲気がアメリカにはある気が致します。
アメリカ映画――特にアクション物の類――を観ていると、アメリカでは日常茶飯事的に銃をぶっ放したりしているし、男女のティーンは直ぐにインモラルなことをし始めるし、全体的に登場キャラが流暢な英語を喋ってて怖いし、その辺りの刷り込みが、自由でワイルドでスリルに満ちた国アメリカ、という印象を僕に抱かせているのかもしれませんね。

ところで僕の普段の生活圏は、最寄り駅の半径2キロ程度であり、可能なら一歩もお外へ出たくない、家の中で人生の全てを完結していたいと思っておりますので、もしも現実にアメリカ旅行などしようものなら、飛行機の移動だけでくたびれ果てて、空港に着いて早々に「もうお家に帰りたい……」と弱音を吐きまくっているだろうと思うのですが、実際に行っていないアメリカ旅行だと、そういう肉体的な疲労とは無縁ですので、実際にアメリカに行っていないというのも、何も悪いことばかりではないのではないかと思うのですが、その辺り皆様はどのようにお考えあそばすでしょうか?

さて、そんな疑問を投げかけている間に、僕はワシントンだかニューヨークだかオクラホマだか、まぁどこか良く知りませんが、大きい括りでアメリカの空港に着くと、先ずは腹ごしらえだと手近なレストランに入り、アメリカらしいでっかいステーキに齧り付いてお腹を膨らませるのではないかという気がします。
それから後は、自由の女神像だとか、ホワイトハウスだとか、ニューヨークの街並みだとか、そういった観光名所を疲れない程度にブラブラと散策し、お土産のタペストリーを買い、ハリウッドとか何かその辺りでは、クリント・イーストウッドなどの有名な俳優さんが街中を歩いているのを見て大興奮。勇気を出して写真を一緒に撮って貰って、思わずにんまりするのではないかという気がします。

ところで、こうやって「アメリカ」という単語をずっと見ておりますと、何となくその文字列が妖怪の「垢舐め」を想起させる気がしてくるから不思議です。
アメリカとアカナメ――
かたや【自由で、ワイルドで、スリルに満ちた国】
かたや【古めかしいお風呂場で垢をペロペロしている妖怪】
本来決して交わる筈のないこの二つの概念は、文字列の類似という共通項によって、まるでクリソツな双子のように、僕の中で違和感なく同居を始めるのでした。

さて、アカ……アメリカ旅行も三日目くらいに差し掛かって参りますと、僕のアメリカ知識は貧困この上ないので、そろそろ特に何もすることが無くなって来るんだろうなぁと推測されます。既に何度目かの登場となる自由の女神像はお腹一杯で視界の隅にも入れたくないでしょうし、あんなにも僕をにんまりとさせたハリウッド俳優との写真撮影も、自慢する友達が一人もいない僕にとっては余り意味がないような気がしてきますし、ちょっと外出したら外人ばっかりで何だか気分が滅入ってきますし、こうなったら後はホテルに籠って、お風呂場の垢をペロペロする位しかやることがなくなるのではないかという気がします。
ただ、お風呂の垢をペロペロするにしても、綺麗なハリウッド女優が入った後のお風呂場の垢なら、三日位は飽きずにペロペロすることも出来るかと思いますが、実際のそれは自分自身の入った後の奴なので、残念なことにペロペロ出来ても半日が限界なような気がしますので、僕はこの辺りで帰国の決意を固めるんじゃないかなぁという気がします。

帰国の途では、きっと様々な思い出が脳裏を走馬灯のように浮かぶんじゃないかなぁと思います。
自由で、ワイルドで、スリルに満ちた国、アメリカ。
セイン・カミュ、デーブ・スペクター、ケント・デリカットの母国、アメリカ。
自由の女神などの有名な観光名所がある国、アメリカ。
ハリウッド俳優がうようよいる国、アメリカ。
クリソツな国、アメリカ。

大体3泊4日か6泊7日、あるいは2週間くらいの工程だったような気もする今回のアメリカ旅行は、僕の胸に様々な思い出を刻み込んだような気もしますし、そうでもない気もします。
この辺りの胸に迫る感じは、やはり実際に行っていないぶん、実際に行ったことのある人に比べると弱いのかもしれません。

しかし実際にアメリカ旅行に行ったことのある人は、まず旅行費用としてお金が凄いかかってるし、帰ってきたらクタクタになってるし、気づいてないだけで一発や二発くらいは銃の発砲を受けているかもしれないし、クリント・イーストウッドだと思って一緒に写真を撮った人はただのホームレスかもしれないし、英語で何言ってんだか解らないのを言いことに現地の人からずっと卑猥なことばっかり言われていた可能性もあるし、とにかくデメリットも一杯あるので、アメリカ旅行に実際に行った人と、アメリカ旅行に実際は行ってないけど行った気がしている僕とを比較すると、最終的には何だかんだで、同点、ということになるんじゃないかという気がしますが、その辺り皆様はどのようにお考えあそばすでしょうか? 是非、ご意見お寄せ下さい。待ってま~す!
(23:45) 日記 / トラックバック(0) / コメント(2) /
2014.04.03 → 繋がりについての一考察
「繋がりやすさナンバー1」を標榜しております会社の携帯電話を使用しているのですが、その宣伝文句に反して、僕の携帯電話には【繋がり】を可視化したところの、電話の着信やメールが届くことが殆どありません。

更には、先祖の頃から続く祟りか何かかと思いますが、一年くらい前にアドレス帳が突然クラッシュしてしまうという不可思議現象に陥ったため、今や僅かに残存しておりました知り合いの方々に、こちらから【繋がる】こともかないません。いわば今の僕の携帯電話は、台風によって外部へと繋がる唯一の橋が崩落してしまった山村であり、そこで巻き起こるわらべ歌をモチーフにした連続殺人事件は、すなわち巨大な密室で行われた犯行ということなので「つまり……犯人は……この中にいるッ……!」

さて、そんな繋がりやすさのパーセンテージに一切貢献していないであろう僕の携帯電話に、つい先日の3月23日、奇跡的にもメールが届いておりました。
送信者は誰あろう僕の父親で、内容はと言いますと「誕生日おめでとう」という、端的かつ心温まるものとなっておりましたが、はたして僕の誕生日は4月25日。

普段であれば放置するところなのですが、父親がとうとう若年性のアレになってしまったのではないかという可能性を考慮し「俺の誕生日は一ヵ月後くらい先。誰かと間違えてない(^_^)?」と精一杯の優しさを込めたメールを送信しましたところ、そこから連絡はプツリと途絶え、そして僕の携帯電話は、人知れず海底に沈む古代遺跡の如く、再び静謐で安寧とした沈黙に沈んでいったのです。

しかし、その二日後のことなのですが、今度は母親から「誕生日おめでとう、遂に三十歳になりましたね」という衝撃的な内容のメールが届いたところで僕は、これはいよいよ何かおかしな現象が起きているのだと、戦慄と共に自覚するに至ったのです。

まるで時間軸が混乱しているかのように、一ヶ月も先の誕生日を祝福するメールが、父親と母親の二人から、間隔を空けて届く――この現象が意味するものとは何か。
駆け足で結論を述べますと、それは文字通り【未来の両親からのメール】なのではないかと、わたくし考える次第であります。すなわち、一ヶ月先の未来において、両親が【未来の僕】に向けて送ったメールが、何らかの理由によって時空の壁を遡上し、未来から見た過去、すなわち【現在の僕】へ届いたものだと解釈すれば全ては丸く収まりますし、何かそんな感じの映画だか小説だかを見たことある気がするし、これはもう絶対そうに違いないよ……絶対そうに決まってるよ……。

僕に友達が存在しないばかりに【繋がり】という一種の磁場から隔絶され、殆どスタンドアローンな個体として、まるで幽霊のように存在していた僕の携帯電話。本質的に【繋がり】をアイデンティティーとしている携帯電話にとって、現在の状況は、存在しているのに存在していないという、極めて不合理かつ矛盾を孕んだものであり、その状況は遂には【繋がりやすさの特異点】を生み出します。

そして、その【特異点】によって生じたエネルギーは、時空に歪みを生じせしめ、未来と現在が【繋がって】しまったのだとしたら……どっかの漫画で得た知識によると、【重力】と【時間】は密接に関係しており、【重力の特異点】であるブラックホールでは時間の流れが滅茶苦茶になっているというお説もあるようですし……そうだよ……絶対そうだよ……だとしたら、今僕が持っているこの携帯電話は、一種のタイムマシンのようなものな訳だから、父親か母親にメールして、一ヶ月先に値上がりする株とかを聞いて売り買いする生活をすれば、一生仕事をしなくて済むのでは……?

などとパラノイア的な夢想をしておりましたら、父親から「お母さん共々、一ヶ月誕生日間違えてた。メンゴ」という、どうしようもないメールが届いた挙句、一ヶ月も早く【遂に三十歳のおっさんになってしまう】という現実だけを突き付けられた格好となるので、僕は「んもぅ……」と呟いたかと思うと、自らの意思でひっそりとこの世との【繋がり】を断ち切ったのでありました。享年29歳。余りにも早すぎるその死に、しかし落涙するものは一人もいなかったのです。まったく、残念ですね。
(23:32) 日記 / トラックバック(0) / コメント(2) /
2013.11.02 → もしも日記~もしも僕が人気漫画の主人公だったら~少年ジャンプ編
【もしも僕がONE PIECEの主人公だったら……】

もしも僕がONE PIECEの主人公だったら「海賊王に――俺はなる!」ドン! と景気良く叫んではみたは良いものの、よくよく考えると僕は人前に立ったり人を引っ張って行くようなことが極端に苦手なタイプなので「王様はちょっと言い過ぎたかもしれない……」ドン! と、すぐさま弱音を吐きます。

あるいは大臣くらいにならなれるかも……? 大臣って何か割と甘い汁を吸っているイメージもあるし……との思いから「やっぱり……海賊大臣に――俺はなる!」ドン! と叫び直してみるのですが、しかしそこですぐさま僕の冷静な部分が、大臣と言うと実質的に執務執行の役割を担う存在であり、責任感も決断力も欠落している僕にそれはちょっと荷が重過ぎるのではないか、という計算を弾き出しましたので「やっぱ海賊大臣になるのは一旦保留で!」ドン! と、一応は海賊大臣に片足を残したような状態にする、大人な対応を見せます。

じゃあ大臣の下って何だろ……? 政務官とかそういう奴……? でも政務官ってどういう事をさせられるのか全くイメージが付かないし、ひょっとしたら王様や大臣以上に大変な役回りの可能性もあるし……じゃあその下ってなると……良く解らんけど官職とか呼ばれる奴……? でも待てよ……「海賊官職に俺はなる!」は、ちょっと語呂が悪い気がするので、きめ台詞として多様するのは難しいかもしれないし……後、やっぱりもうちょっと楽してお金を儲けれるような感じの役職が良いし……具体的には朝9時に来て、半分くらいはネットとかやってる適当な仕事で、残業一切なしの5時定時で帰って、月収手取りで50万のボーナス年3回くらいの感じというか……。

三十分くらいの熟考の末「だいぶ甘やかされて育って、そこそこの大学を出て、コネでめっちゃ楽な会社に入って、悠々自適な生涯を送った、そんな海賊大臣の息子に、俺はなる!」ドン! としっかり推敲を行なったきめ台詞を吐き、小さなボロ舟でロマン溢れる大海原に漕ぎ出した僕は、即効で遭難してしまい、その結果、今回の自衛隊まで出動する騒ぎとなり、国民の皆様に大変なご心配と多大なご迷惑をおかけしたこと、深く深く反省をしております。「この度は本当に申し訳ございませんでした!」ドン!


【もしも僕が幽遊白書の主人公だったら……】

もしも僕が幽遊白書の主人公だったら、冒頭の車に跳ねられるシーンで普通に死んで、幽霊になって、そんで自分の葬式に五人くらいしか人が来ていないのを見て、なんだか悲しい気持ちになって、その悲しみはやがて憎しみへと変じて、憎しみに囚われた僕は悪霊と呼ばれる存在となって、成仏することも叶わず、下水道や廃屋や殆ど使われていない公衆トイレなどの仄暗い場所を転々としながら、今日も世の人々をじっとりと澱んだ眼で睨め付けているのです……。ひょっとしたら、あなたの家の暗がりにも、ほら、僕が……。


【もしも僕がドラゴンボールの主人公だったら……】

もしも僕がドラゴンボールの主人公だったら、一人称が「オラ」であることに段々と気恥ずかしさを覚えるようになるのですが、しかし急に一人称を変えたら他のキャラクターから何か言われる可能性もあるので、とりあえず極力発言をしない、発言をする時は一人称を交えない、どうしても一人称が必要な時は消え入りそうな声で「オラ」と言う、などの処置を取ることで当座を凌ぎます。

そして大冒険の末、ドラゴンボールを7つ集めて、願いごとを叶えてくれる神龍に「オラがオラって言ってた記憶を皆から無くしてくれ!」と頼んでみるのですが、いつもの癖で「オラ」が消え入りそうな「オラ」だった為に、神龍も困惑――(ボラがボラって言ってた記憶を皆から無くす……?)と、絶対にやってはいけない当て推量で願いを叶えてしまいます。
以後ドラゴンボールの世界では、ボラと呼ばれていた魚は別の名前で呼ばれるようになり、願い事を言った直後に「オラ」から「俺」に一人称を変えてみた僕は、他のキャラクターから「急にどうしたの?」「色気づいた?」などと色々言われて、散々恥をかいたので、もう誰も信用出来なくなって、第一話ではあんなにも天真爛漫なキャラだったのが、どうしようもなく陰鬱なキャラになって、読者人気もなくなって、漫画の人気もどんどんなくなって、最終的にテコ入れで主人公が僕からヤムチャに代わった三週間後に打ち切りとなります。


【もしも僕が北斗の拳の主人公だったら……】

もしも僕が北斗の拳の主人公だったら、プロローグの核戦争で死にます。
(11:22) 日記 / トラックバック(0) / コメント(2) /
2013.07.23 → 今、絶対に言われたい暴言BEST5!~西田ひかる編~
今年も暑い暑い夏がやって参りました!
夏といえば海? 花火? おばけ?
いえいえ、夏といえばやっぱり女性の暴言が一番でしょ!

という訳で本日は当ブログではすっかりお馴染の企画、絶対に言われたい暴言シリーズ、西田ひかる編をお届けしちゃうぞ!



【今、絶対に言われたい暴言BEST5!】


第5位
nishida_top.jpg
「そっくり! 存在意義が解らないって点で、君って盲腸そっくり!」




第4位
hikaru.jpg
「君の全身から漂ってくる、その腐ったフルーチェみたいな匂いは、人としていかがなものなの?」




第3位
hikaru4.jpg
「あなたを見てると、進化の多様性というものを実感するわ……もちろん悪い意味で」




第2位
hikaru3.jpeg
「48番、西田ひかる。3サイズは上から83/58/88。特技は英語。好きな食べ物はカレーマルシェ。嫌いなものは君の卑屈な笑顔です」



第1位
hikarur.jpg
「パカッて二つに割れて死ね!」




どうだったかな? 君の言われたい暴言はランクインしていたかな?

次回は「山瀬まみ編」をお届けしちゃう予定だぞ! お楽しみにね!
(03:31) 日記 / トラックバック(0) / コメント(2) /
2013.06.13 → お腹周りのSF(少し不思議)
最近アホみたいに暑いので、自然の摂理としてアイスばっかり食っておりましたところ、お腹周りのお肉がグングンと膨張を始めました。

僕が藤子F不二雄先生の漫画で学びましたところでは、この宇宙というものはその誕生から現在まで、加速度的に膨張し続けているそうなので、お腹周りに起きているこの現象は、まこと宇宙の法則に則ったものであると言えなくもない訳です。仮に僕がSF作家であったならば、自身の置かれている現在のこの状況から一本の長編小説を紡ぎ出し(宇宙の膨張に追いつかなければならないという強迫観念に取り付かれた男が、あらゆるモノを喰らい咀嚼し膨れ上がり、最終的に自重に負けてブラックホールになる話)ヒューゴー賞だか星雲賞だかを受賞して、そんで本が売れた印税でちょっと高級なアイス――例えば憧れのハーゲンダッツ!――をいっぱい食べて、更にお腹周りが膨張を続けて、最終的に糖尿病で死ぬ訳なんですが、事実としての僕は残念ながらSF作家じゃなかったので、今日もスーパーで売ってる79円のアイスを頬張りながら、「仕事だるい……」と濁りきった瞳で呟き、お腹のお肉をモミモミするばかりという平和な日常を謳歌してま~す! やったね!

さて、そんなこんなで最近明らかに太って参りましたので、これから薄着になる機会が圧倒的に多くなってくる、本格的なサマーシーズンの到来の前に、僕は己の身体を一度見つめなおす必要があると考えます。
なぜというに、お腹周りがブヨブヨの僕と、鍛え上げられた腹筋を保持する僕、パラレルな二人の僕が同一の時空間に存在した場合、前者よりは後者の僕の方が女性にモテる可能性がわずかに高いかもしれないから……。
なお、パラレルワールド越しの僕と僕が接触した際につきましては、SFなどで稀に見受けられます、世界がクラッシュする、あるいは僕がクラッシュするみたいな設定の面白現象は、この場合起こらないものと規定させて戴きたいと存じますが、では果たしてどうすれば僕は鍛え上げられた腹筋を獲得することが可能なのでしょうか? えっ? 頑張って筋トレをするしかない……? 何それ超ウケるんですけど~。

斯様に好むと好まざるとに関わらず、僕は超ウケてしまいましたので、僕のインナースペース内の「筋トレをする」という概念は、その刹那一瞬の瞬きと共に超新星爆発を起こしました。やがて長い時の経過を経て爆発の熱が落ち着いてきますと、かつて「筋トレをする」という概念だったものは、空気中に滞留する無数の粉塵となって四散し、床のカーペットに付着し、そんで掃除機に吸い取られて機内の紙パック内に圧縮され、火曜日の普通ゴミとして処分されました。ところで今時紙パック式の掃除機使ってるとかマジウケるんですけど~。時代はサイクロン式なんですけど~。

このようにして僕の中からは「筋トレをする」という概念が永遠に失われました。それはもはや取り返しのつかない喪失なのです。ほんと運動とかマジだるいし……。
嗚呼なんという事でしょう! このまま僕はこの体が朽ち果てるその時まで、永延ブヨブヨのお腹を擦りながら、夏場は「アイスうめぇ~アイスうめぇ~」と呻き、冬場は「お鍋うめぇ~お鍋うめぇ~」と呻く、奇妙な肉塊のオブジェとして残りの人生を過ごすしかないのでしょうか……。

まぁあるいはそうなのかもしれませんが、しかしたったひとつだけ、この窮地を抜け出す方法があるかもしれません。それは前述しました、パラレルワールドの存在です。
可能性の数だけ世界が分岐していくパラレルワールド理論が実際に有効であるとしたら――その中のいくつかの僕は、今の僕とは異なり、例えばアイスが余り好きではなかったり、運動が怖いくらいに大好きだったり、寝返りで筋肉が付くくらいに異様に筋肉質だったり、総合格闘技が地上波で放送しなくなって久しいことをきっかけに格闘家を志していたり、お腹に毎日パンチしてくる女性と付き合ってたりして、カチカチの割れた腹筋を保持している可能性が幾らでもあるといえるのです。

ですから、確かにこの世界の僕はアイスばっかり食ってて、お腹のお肉が少しずつ弛んで来ているとしても、薄皮一枚隔てたパラレル世界に存在する僕はカチカチの腹筋を保持していて、ほんでアホみたいに女性にモテて、ついでにお金もいっぱい持ってたりするかもしれないので、そういった可能性が残存しているならば、藤子F不二雄先生の漫画みたいに、ある日パラレル世界とこの世界を隔てる薄皮が破れて、僕とパラレルな僕が入れ替わったりする可能性だってゼロではないので、とりあえずの現状は藤子A先生側の漫画キャラみたいな生活を送りつつ、今日も元気にアイスを頬張りたいと思いま~す! アイスうめぇ~!
(05:08) 日記 / トラックバック(0) / コメント(0) /
BACK / HOME / NEXT
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm